【時論】韓米FTA全面的再交渉の可能性はない(1)

【時論】韓米FTA全面的再交渉の可能性はない(1)

2017年07月03日10時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓米首脳会談は高高度防衛ミサイル(THAAD)問題と対北朝鮮政策に対する両国の政策共助への懸念を払拭させ、首脳間の信頼構築の土台になったという点で肯定的に評価される。共同声明に現れた「公正な貿易発展」は韓米自由貿易協定(FTA)後に深刻化した韓米貿易不均衡に対する米国の懸念を反映する。トランプ大統領は首脳会談直後に文在寅(ムン・ジェイン)大統領とともに行った共同メディア発表で、韓米FTAから5年間に米国の貿易赤字が110億ドル以上増加したという事実とともに、特に自動車と鉄鋼の貿易問題を指摘した。両国の公正な貿易関係のためには米国車の韓国輸出を増大し、韓国製鉄鋼の米国輸出が制限されるべきというのがトランプ大統領の基本認識だ。

  トランプ大統領が最優先としているのは米国の雇用、特に製造業雇用の復元だ。トランプ大統領は米国で製造業雇用が失われているのが不公正な貿易のためという見方を持っている。彼は中国やドイツなど貿易黒字国が為替操作と貿易障壁の構築で米国製品の輸出を妨げ、米国への輸出を人為的に促進していると主張している。

  米国の多くの経済学者はトランプ大統領の不公正貿易の主張を支持していない。米国製造業の雇用減少は不公正貿易のためでなく、自動化とIT技術拡散などの技術変化とグローバルバリューチェーン深化など世界化の影響というのが経済学者の見解だ。

  トランプ大統領が問題と考えているのは韓米FTA発効後に韓国に対する米国の貿易赤字規模がほぼ2倍に拡大した点だ。商品分野で韓国の対米輸出は2011年の562億ドルから2016年には665億ドルに増加し、韓国の対米輸入は2011年の446億ドルから2016年には432億ドルに減少した。その結果韓国の対米貿易黒字は2011年の116.4億ドルから2016年には232.5億ドルと116.1億ドル増えた。

  自動車と自動車部品の対米貿易黒字は2016年201億ドルで全対米貿易黒字の90%ほどになる。これに対し韓国の対米鉄鋼輸出は2016年に16.8億ドル水準で輸出規模は自動車を大きく下回る。しかし鉄鋼は世界的に過剰生産による圧力を大きく受けており、米国では鉄鋼製品の輸入規制の必要性に対する声が高い。

【時論】韓米FTA全面的再交渉の可能性はない(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事