感情に訴えた独島少女像、敏感な領土問題に触れた(1)

感情に訴えた独島少女像、敏感な領土問題に触れた(1)

2017年01月18日08時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行(右側)が17日、首相公館でパディーリャ駐韓法王庁大使、リッパート米国大使、邱国洪中国大使ら14人の駐韓外交団代表と懇談会を行った。黄権限代行が鈴木秀生・日本大使館総括公使とあいさつしている。左から2人目は韓国系のジェームズ・チェ(韓国名チェ・ウン)豪州大使。(写真=首相室)
  対日関係では不必要なことをして問題が発生する場合がある。李元徳(イ・ウォンドク)国民大日本学研究所長によると、それだけ韓日関係は敏感だという。そのような両国関係に外交葛藤事案が突出した。

  京畿道(キョンギド)議会の独島サラン(=愛)・国土サラン会が独島(ドクト、日本名・竹島)少女像設置のために16日、道議会のロビーに募金箱を設置したのが発端だった。独島問題と慰安婦問題は別のトラックで進行されてきたイシューだった。慎重に接近するべき2つの事案が「独島少女像」で一つに結びつけられ、爆発力の強い外交問題に急変した。直ちに岸田文雄外相は17日、独島少女像の設置は「受け入れられない」と反発した。そして「竹島は国際法上も歴史的にもわが国固有の領土だ」と主張した。韓国の地方自治体が準備したイベントのため、日本の外相が領土問題を再び争点化した様相だ。午後には菅義偉官房長官が「関連報道の後、韓国側に直ちに抗議した」と明らかにした。

  外交部は岸田外相の発言に「明白な挑発だ」と対抗した。趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官はこの日の定例記者会見で、「日本政府が明白な我々固有の領土である独島に対する無駄な主張を直ちにやめることを促す」と批判した。鄭炳元(チョン・ビョンウォン)北東アジア局長はこの日午後、駐韓日本大使館総括公使を呼んで抗議した。しかし趙報道官は独島少女像推進に関する質問には「メディアの報道を見ている。関連動向を確認してみる」とのみ話した。釜山(プサン)少女像で対立する状況で領土をめぐる葛藤までが加わることになり、困惑するような反応だった。

  関連事情に詳しい外交消息筋は「慰安婦と少女像問題は両国の国民が最も感情的かつ敏感に受け止める過去の歴史事案であり、独島は領土問題」とし「外交的出口の摸索が容易でないかもしれない」と懸念を表した。

  領土葛藤を触発した京畿道議会は議席の比率が共に民主党(72)・セヌリ党(44)・無所属(8)・国民の党(3)の順だ。民主党が過半を占め、道議会を主導している。実際、独島少女像の推進は独島サラン・国土サラン会会長の民主党の閔敬善(ミン・ギョンソン)議員が昨年12月13日に京畿道議会で初めて公論化した。

  これに対し、膨らむほど負担になるイシューの領土問題に地方自治体の議員が十分な考慮なく触れたという指摘が出ている。李元徳所長は「慰安婦問題に領土問題まで付け加えるのはプラスにならず、行為がもたらす結果を考慮しなければいけない」と述べた。続いて「韓日関係の中の隠れたコードは韓日米連携」とし「北の核脅威などに対する共同対応にマイナスの影響を及ぼしかねない」と懸念した。朴チョル熙(パク・チョルヒ)ソウル大国際大学院長も「少女像の設置は大韓民国の国民誰でも自由にできるが、設置場所については深く考える必要がある」とし「独島少女像の設置はポピュリズム的に映る余地がある」と批判した。

感情に訴えた独島少女像、敏感な領土問題に触れた(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事