韓経:現代自動車「自動運転水素自動車」…平昌への道を走る

韓経:現代自動車「自動運転水素自動車」…平昌への道を走る

2017年12月21日13時07分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代自動車が来年2月に開催される2018平昌冬季五輪に合わせ水素燃料電気自動車(FCEV)基盤の未来型自動運転車を公開する。五輪期間中に多様な車両と後援金も支援する。次世代水素自動車など現代自動車の後援車両が江陵(カンルン)アイスアリーナ前に止まっている様子。(写真=現代自動車)
  現代(ヒョンデ)自動車が来年2月に開かれる2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせ水素燃料電気自動車(FCEV)基盤のコネクテッドカー技術を搭載した未来型自動運転車を公開する。ソウルと平昌200キロメートル区間を走り先端技術を発表する予定だ。

  現代自動車は成功的な五輪開催に向けこうした車両部門支援計画とキャンペーン案を20日に発表した。五輪直前に次世代水素自動車5台と「ジェネシスG80」2台を活用しソウル~平昌間の高速道路約200キロメートル区間で自動運転を試演することにした。これら車両は5段階ある国際自動車工学会(SAE)の自動運転技術水準で、第5段階の完全自動運転直前である第4段階をクリアする。第4段階はドライバーが決められた条件で運転に全く介入せず、車両自ら速度と方向をコントロールする水準だ。

  これらの車両には5G基盤の先端コネクテッドカー技術も世界で初めて搭載される。具体的には▽自動車から一度のタッチで生活空間を制御するカー・トゥ・ホーム▽ドライバーの健康状態チェックと専門医の画像相談▽知能型音声認識チャット――などの技術がKTなどとの協力を通じて具現される。

  現代自動車は試演過程で料金所と出入口、分岐点通過機能も見せる。車線維持または車線変更機能だけでなく、車の流れと連動した自然な前方車両追い越し機能なども実現する予定だ。衛星利用測位システム(GPS)受信が難しい嶺東(ヨンドン)高速道路の7カ所のトンネル区間でも安全な自動運転を見せる計画だ。

  自動運転技術を備えた次世代水素自動車5台は五輪期間中に平昌の競技場周辺区間を往復する体験車両としても活用される。選手団と観客などだれでも現場予約を通じ自由に利用できる。

  現代自動車はこれとともに来年3月に発売予定の次世代水素自動車50台を投じ平昌と江陵の主要拠点で一般人試乗体験プログラムを運営する計画だ。選手団と観客ら運ぶ第3世代水素バス基盤の無公害親環境シャトルバスも運行する。江陵駅から五輪パークまで運行する水素バス4台(予備1台)と襄陽(ヤンヤン)国際空港から平昌と江陵を結ぶ別途のVIP用水素バス1台を運用する案も推進する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事