韓国企業の「技術貿易」赤字52億ドル…4年連続減少

韓国企業の「技術貿易」赤字52億ドル…4年連続減少

2015年01月02日15時08分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国企業の技術貿易の赤字規模が4年連続で減少した。技術貿易というのは特許販売や特許使用契約(ライセンシング)、技術伝授など技術・技術サービスで国際的・商業的に得る支出と収入だ。

  1日、未来創造科学部が出した「2013年技術貿易統計調査」の結果によれば、技術貿易の赤字規模は51億9300万ドルで4年連続の減少となった。技術導入(輸入)額対比輸出額である技術貿易収支費は0.57で、2012年0.48よりも高まった。

  技術貿易規模は前年よりも15.4%増加した188億8000万ドルを記録した。輸出額は28.9%増加した68億4600万ドル、輸入は8.9%増えた120億3800万ドルだった。産業別での技術輸出額は電気・電子が32億ドル(全体の46.8%)で最も多かった。引き続き機械20億400万ドル(29.3%)、情報通信7億5000万ドル(11%)の順だった。

  技術導入も電気・電子が72億7300万ドル(60.4%)で最も多かった。機械が14億6100万ドル(12.1%)、情報通信が11億5800万ドル(9.6%)と後に続いた。韓国が技術を最も多く輸出した国は中国(49.9%)、技術輸入が多かった国は米国(62.5%)だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事