韓国、時速1000キロの「夢の列車」開発へ

韓国、時速1000キロの「夢の列車」開発へ

2017年01月18日07時23分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ハイパーチューブ車両のイメージ図(写真=UNIST)
  韓国の研究機関と大学が共同で真空管トンネルを時速1000キロで走る夢の超高速列車「ハイパーチューブ」を開発する。

  韓国建設技術研究院や韓国交通研究院、蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)など8機関は「ハイパーチューブ」の技術開発に向けた研究協力協約(MOU)を17日、締結した。

  ハイパーチューブはカプセル状のリニアモーターカーがほぼ真空のチューブトンネルの中を時速1000キロで走行する高速列車システムだ。

  これら8機関は、カプセル車両の推進や浮上技術、チューブインフラ、運行制御など、ハイパーチューブ関連の主要核心技術を共同研究する。実務協議会と諮問委員会を構成して機関別研究分野を調整し、協力案づくりを進めていく計画だ。

  韓国鉄道技術研究院の関係者は「今回の研究は未来交通手段であるハイパーチューブ研究開発事業の第一歩」としながら「研究協力を通じて2019年までの3年間、実験室水準の技術を開発する。その後、商用化に向けた議論は汎政府レベルで進められるだろう」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事