F-5戦闘機2機、どうして墜落したか

F-5戦闘機2機、どうして墜落したか

2010年03月03日09時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  空軍は2日、F-5戦闘機2機の墜落原因を飛行錯覚(vertigo)、戦闘機間での衝突、操縦士の意識喪失、機体の欠陥など4つにしぼって見ている。このうち飛行錯覚と戦闘機間の衝突の可能性に重きを置く雰囲気だ。

  F-5戦闘機2機はこの日昼12時20分、機動訓練のために江陵(カンヌン)基地を離陸したF-5戦闘機2機が5分後に江陵市西の上空20キロ地点で急にレーダーから消え、通信も途絶された。離陸してから5分なら、戦闘機が基地近くを脱して訓練上空に進入する段階だ。この日の飛行は操縦士になったばかりのチェ・ボラム(士官候補将校118期)中尉に空中機動訓練をさせるためだった。当時の状況はオ・ミンヒョク(空士53期)大尉一人で操縦したF-5Eが先に進んでその後をチェ中尉が操縦するF-5Fがついていた。チェ中尉のF-5F戦闘機は2人乗りで後部座席には大隊長であるオ・チュンヒョン(空士38期)中佐が乗った。オ中佐はチェ中尉に空中機動に対して教育していた。

  当時、大関嶺上空は雲がいっぱい立ち込めていたという。空軍関係者は「雲が山の中腹まで広がっていたが、その上は問題なく訓練が可能な状態だった」と言った。しかしオ大尉は戦闘機の高度を上げて先に雲の中に入って行った。その過程で1407メートルの高地であるファンビョン山の仙子領に衝突し、付いて行ったチェ中尉の戦闘機も追って衝突した可能性がある。一種の飛行錯覚だ。2機以上の戦闘機が機動した時、後ろの戦闘機は先に進む戦闘機の後方に付いて行くことになっている。仙子領で墜落した2機の戦闘機残骸が同時に発見された点がこれを裏付ける。オ大尉は飛行経歴が500時間で技量が大きく向上している操縦士だった。

  2機の戦闘機が雲の中で衝突した可能性もある。オ大尉のF-5Eに付いて行ったチェ中尉が急に気象が悪化し、オ大尉の戦闘機を逃したかもしれない。その時チェ中尉がF-5F戦闘機の速度を上げて付いて行き、前にいたオ大尉の戦闘機と衝突した可能性も排除することができない。

  空軍は操縦士の意識喪失と機体の欠陥の可能性はあまりないと見ている。操縦士の意識喪失は地上攻撃のために急降下したり互いに追いかけるために急旋回したときに発生する。2機が同時に機体に欠陥が発生して墜落する可能性は珍しい。

  空軍はF-5・2機が墜落すると同じ機種180機の飛行を中断させて非常点検に入った。事故原因が把握されれば正常な任務を遂行することができるからだ。墜落戦闘機が属した江陵基地は空軍の最前方戦闘基地なので最高の稼働状態を維持しなければならない。

  F-5戦闘機=米国ノースロップ社が1962年に開発してベトナム戦に投入した戦闘機だ。空軍は65年 F-5A/B100余機を導入し始めて74年にはF-5E/Fを持ちこんだ。82年からはF-5E/Fを国内で生産し「チェゴン号」と呼んだ。一時300機を保有し、現在AとB型は退役した。しかしEとF型も使ってから30年ほどになり、寿命が来ている。空軍は次期戦闘機事業で新しい戦闘機を導入するまで今回墜落したEとF型の性能を改良し、2010年代末まで運用する計画だ。

【ホットクリック】

・ F-5戦闘機2機が同時墜落
・ キム・ヨナを誹謗した日本サイトが‘ダウン’
・ 【取材日記】中国に90度頭を下げたトヨタ社長
・ オーサー氏「キム・ヨナの次の目標はトリプルアクセル」
・ ルイ・ヴィトンが現代自動車を告訴
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事