<平昌五輪>1000キロ走った聖火3回消える…最終点火者はキム・ヨナ?(1)

<平昌五輪>1000キロ走った聖火3回消える…最終点火者はキム・ヨナ?(1)

2017年12月21日11時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018平昌冬季オリンピックが50日後に迫った。五輪聖火リレーの日程も半分を過ぎた。平昌五輪スキージャンプ競技が行われるアルペンシアスキージャンプ台を背景に太陽の軌跡をカメラに収めた。16ミリレンズで午前7時50分から午後2時まで1分間隔で長時間露出、撮影して合成した。
  2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)まで残り50日となった。平昌オリンピック開幕を100日後に控えた先月1日に仁川(インチョン)空港に到着した聖火も半分のリレー日程を終えた。聖火は残りの期間、慶尚北道(キャンサンブクド)・ソウル・京畿道(キョンギ)・江原道(カンウォン)地域を回り、来年2月9日夜に平昌オリンピックプラザ開幕式場に到着する。

  20日には9月にオープンした忠清北道鎮川(ジンチョン)選手村で聖火リレーが行われた。サイクル元韓国代表のチョ・ホソン・ソウル市庁監督(42)は自転車に乗って聖火リレーに参加し、水泳韓国代表のアン・セヒョン(22)はプールで、レスリング韓国代表のキム・ヒョンウ(29)はウェートトレーニング場で聖火リレーをつないだ。プールで平泳ぎと背泳をしながら聖火リレーをしたアン・セヒョンは「すごくおもしろい経験だった」と語った。

  平昌五輪の聖火は全国2018キロを回り、南北(韓国・北朝鮮)の人口(約7500万人)を象徴して7500人が聖火リレー走者として参加する。高さ70センチ、重さ1318グラムの聖火を持って走り、次の走者が引き継ぐという形だ。ロボット(大田)の聖火リレーのほか、海底(済州)区間、亀甲船(統営)やKTX(五松)など地域の特色を反映した異色の聖火リレーもあった。キム・デヒョン平昌オリンピック組織委員会文化行事局長は「聖火の性能が良く、50日間で聖火が消えたのはわずか3回だけ。ソチ五輪当時は全体の日程のうち20%も聖火が消えた。国際オリンピック委員会(IOC)の関係者は『エクセレント』と絶賛した」と伝えた。もちろん聖火が消えても大きな問題ではない。聖火を保存している予備ランプでまた火をつけた後、聖火リレーを続ければよい。

  平昌五輪の聖火は来月1日、日の出の名所として有名な慶尚北道浦項(ポハン)虎尾岬をはじめ、13日にはソウル、19日には非武装地帯(DMZ)を経て21日に江原道入りする。車範根(チャ・ボムグン)元サッカー韓国代表監督、バスケットボール元韓国代表のソ・ジャンフン、フェンシング韓国代表のパク・サンヨン、俳優パク・ボゴム、歌手チョン・ジンウンらが聖火リレーの走者として参加する。

  では、平昌五輪の開幕式で聖火台に点火する栄光の主人公は誰になるのか。歴代の五輪開幕式では、どんな人物が、どんな方法で聖火台に火をつけるかは常に世界中の人々の関心を集めてきた。1992年バルセロナ五輪の火矢、2008年北京五輪の空中遊泳は独特な点火方式に挙げられる。1996年アトランタ五輪当時はパーキンソン病と闘病する「ボクシング英雄」モハメド・アリが震える手で聖火台に火をつけて感動を与えた。

<平昌五輪>1000キロ走った聖火3回消える…最終点火者はキム・ヨナ?(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事