キム・ヨナ、「教育実習ショー」誹謗の延世大教授告訴を取り下げ

キム・ヨナ、「教育実習ショー」誹謗の延世大教授告訴を取り下げ

2012年06月15日10時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
フィギュアスケート選手のキム・ヨナ(22、高麗大)。
  ‘フィギュア女王’キム・ヨナ(22、高麗大)が自身の教育実習を「ショー」と誹謗した黄相旻(ファン・サンミン)延世大教授(心理学科)に対する告訴を撤回した。

  キム・ヨナは15日、法律代理人である法務法人ジアンのイ・サンフン弁護士を通じて、ソウル西部地方検察庁に告訴取消書を提出した。

  イ弁護士は「キム・ヨナ選手が教育実習を誠実に遂行したという事実が、いくつかの客観的証拠で明らかになった」とし「黄教授は虚偽の発言に対して誠意ある謝罪をしなかったが、これ以上消耗的な論争にかかわらないために告訴を取り下げた」と述べた。イ弁護士は「告訴取り下げには告訴の主体であるキム・ヨナ選手の意思が反映された」と説明した。

  黄教授は4週間の日程で教育実習中だったキム・ヨナに対し、「教育実習に行ったというよりも一度ショーをしたと表現するのが正確だ」という趣旨の発言をし、問題が膨らんだ。これに対しキム・ヨナは黄教授の誹謗性発言が名誉毀損に該当するとして、先月30日にソウル西部地検に告訴状を提出していた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事