【社説】立つ瀬を失った韓国経済

【社説】立つ瀬を失った韓国経済

2007年02月21日07時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国福田汽車の最高経営者は「5年以内に韓国自動車に追い付く」と予測した。生産台数はすでに韓国を追い越し、独自のエンジンを作れるほどに技術力も向上した。「安物」を作っていた以前の中国を考えては誤算だ。中国がインテル、GEなど800ほどのグローバル企業の研究開発(R&D)センターを誘致して西欧の先端技術を熱心に学んだ結果だ。日本も追撃圏内からはずれた。日本のメーカーは昨年の景気回復により設備投資を21%増やした。技術がすぐれて労使関係が安定した日本企業が投資まで増やせば適う相手はない。実際に日本の部品に対する依存度はますます大きくなっている。現代(ヒョンデ)自動車や三星(サムスン)電子の携帯電話にも間違いなく日本の部品が使われている。

  昨年これによる対日貿易赤字が253億ドルに達した。最終製品は中国と競争し、核心部品は日本に頼り、では韓国企業の境遇が困窮するほかない。そうしている間に経済の基礎体力ががたっと落ちた。昨年の製造業の生産能力は前年比3.1%増に止まった。4年ぶりの最低値だ。大韓商工会議所によると売上げ500大企業中55%が「自社の業種は未来有望産業ではない」と回答した。

  成長動力が弱化し、意欲もビジョンもないなんてもどかしい。誰かをとがめる前に企業が先に奮発しなければならない。失敗を恐れない企業家精神で武装して、日本と中国を勝ち抜く方法を見つけてほしい。政府も4年始終つながった理念やコード政策がこんな結果を生んだという点を認めなければならないだろう。それでも地方経済はよくならない上、貧富の格差も縮まらなかった。何の成果も出せなかったのだ。今からでも市場と企業を尊重する政策に切り替えてほしいと思う。国民が願うのは活力ある経済と豊富な働き口だ。この政府の「お前のせい」にはこりごりであり、揚げ足取りの理念論争には関心ない。

  毎年10%ずつ成長する中国と20%ずつ投資を増やす日本を見れば我々に与えられた時間はあまりない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事