女優ハン・イェスル、手術中に皮膚損傷…執刀医「手術過程でミス…お詫びする」

女優ハン・イェスル、手術中に皮膚損傷…執刀医「手術過程でミス…お詫びする」

2018年04月23日16時04分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優ハン・イェスル(上)と、ハン・イェスルが医療事故に遭ったとしてSNSに掲載した写真(下)。
  脂肪種除去手術を受けたところ医療事故に遭ったと主張している女優ハン・イェスル(36)の手術を執刀した江南(カンナム)チャ病院のイ・ジヒョン教授が「手術中に皮膚を損傷した」と述べた。事実上、過失を認めたと言える。

  これに先立ち、ハン・イェスルは今月20日、SNSを通じて「脂肪種を除去する手術を受けたところ医療事故に遭った。だが、病院からは補償に対する話がない」と主張した。

  イ教授は「手術当時、判断を誤った点がある」とし「痕が残るという点については申し開きする言葉がない。ハン・イェスルさんには前回も何度も謝罪したが心が穏やかではなかった」と述べた。また「当事者にお詫びの言葉を申し上げる」と再度述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事