【時視各角】「韓日米共助」のミステリー(1)

【時視各角】「韓日米共助」のミステリー(1)

2017年07月28日09時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先月30日、ワシントンで開かれた韓米首脳会談最大のミステリーは「韓日米安保協力強化」に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が合意したことだ。文大統領はその6日後、独ベルリンで安倍晋三首相、トランプ大統領と韓日米首脳会談を持ち、その合意を再確認した。念願をかなえたワシントンは満面の笑みで、北京は驚きと怒りを隠せない雰囲気だ。

  韓日米共助は米国が暇さえあれば韓国に要求してきた核心イシューだった。だが、韓国は保守政権さえ3国共助を敬遠した。李明博(イ・ミョンバク)政府の時だ。米国が「南シナ海問題に関連して、韓日米共助を宣言しよう」と要請してきた。だが、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「中国を不必要に刺激しかねない」という外交部の主張を受け入れて「南シナ海問題は平和的に解決されなければならない」という立場を表わす程度で終わった。朴槿恵(パク・クネ)政府も韓日米共助を公然と支持することは極力避けようとしていた。

  ところが誰よりも反日意識が強く、「韓日米が一つになれば朝中露がまとまり、新たな冷戦時代が開かれてしまう」と主張してきた当の文政府の人々が、韓日米共助に合意したというから、これ以上の逆転はない。政府関係者は「韓日米の共助は『北核』だけに限定されたもの」と釈明する。だが、中国の疑懼(ぎく)の念を解消するには説得力に欠ける。韓米首脳会談の声明に「両首脳はアジア・太平洋地域における『法に基づいた秩序』を支持し、これを守護するために共に努力していくことを確認した」という内容があるためだ。国際法に違反して南シナ海で力を拡張している中国に韓日米が共同で対応する意向を示唆したという解釈が可能だ。中国はあらゆる場面でこの部分を問題にして韓国を圧迫してくるだろう。米国もこの一節を名分とみなして南シナ海問題で韓国が確実に米国側に立つことを求める公算が大きい。韓国としては非常に難しい境遇に立たされたと言える。

  文政府もこれを知らないはずがない。それでもなぜこんなにも性急に韓日米共助に合意したのだろうか。青瓦台に布陣した大統領側近は韓米首脳会談を控えて開かれた対策会議で、韓日米共助方案に反対した。しかし、国家安保室が「米国の要求が非常に強力だ」と言って強行し、韓日米共助への合意が成立したという。

【時視各角】「韓日米共助」のミステリー(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事