【社説】行くところまで行った北朝鮮…金正男氏まで毒針殺害するとは

【社説】行くところまで行った北朝鮮…金正男氏まで毒針殺害するとは

2017年02月15日08時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が13日午前、マレーシアで殺害された。情報当局者は「マレーシアで北の女スパイに毒殺されたとみられる」とし「一昨日午前、金正恩氏はクアラルンプール空港で2人の女に毒針を刺され、容疑者は犯行直後にタクシーに乗って逃走した」と伝えた。一言で衝撃的だ。いくらテロ国家とはいえ異母兄まで毒針で殺害するとは恐怖政治がどこまで続くのか分からない。

  マレーシア警察は容疑者を北朝鮮の女とみて追跡中だと明らかにした。必ずテロ犯を逮捕し、殺害の動機と背後を明らかにする必要がある。金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男の金正男氏は2009年に後継構図から外れた後、絶えず身辺の危険を感じてきた。2010年には中国北京で北朝鮮の暗殺工作をかろうじて免れたという。2011年に金正日総書記が死去した時も命の危険のため父の葬儀に出ることができなかった。2013年末に叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏が処刑された後は「金正男亡命説」まで広まった。

  金正男氏に対する毒針テロはまさに金正恩式恐怖政治だ。金正恩委員長が執権した後、親せきの張成沢氏のほか金勇進(キム・ヨンジン)内閣副首相など党・軍・政の幹部100人を処刑したと、国家情報院が昨年発表した。一種の「断頭台統治」だ。金正恩委員長が幹部を残忍に処刑した理由は自分に対する無視、期待以下の忠誠心、傲慢な態度などであり、あきれる。

  毒針テロとミサイル発射実験に続く金正恩委員長の次の標的は大韓民国かもしれない。韓国当局としては毒針テロの真相の把握が急がれ、大韓民国の安保に及ぼす影響がないか注視する必要がある。また、北朝鮮の反倫理的蛮行に対して最も強いレベルで対応しなければならないだろう。朴槿恵(パク・クネ)大統領が職務停止状態であるだけに黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行が金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長と国家安全保障会議(NSC)を通じて総括指揮し、国家情報院と国防部、外交部が緻密に事実を確認して徹底的に対応することが要求される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事