安倍氏の好敵手・小池氏、慰安婦強制連行を否定する極右派(1)

安倍氏の好敵手・小池氏、慰安婦強制連行を否定する極右派(1)

2017年07月03日09時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  東京都議会議員選挙はやはり「小池百合子の、小池による、小池のための選挙」だった。小池都知事が率いる都民ファーストの会が東京都議会の「自民党1党体制」を倒した。小池氏「安倍1強」を崩す確実な対抗馬に浮上して、日本政局に波乱が起きている。

  小池百合子氏の象徴カラーである緑色は、最近、東京の変化と改革の象徴に浮上した。小池氏が演説に行く先々では、ブロッコリーやキュウリ、ネギなどの緑色野菜が飛ぶように売れる珍現象も起きた。支持者は緑色野菜を持って駆せ参じた。現職都知事として初めて写真集まで出した小池氏の「緑色突風」が成功すれば、小池氏は日本の心臓・東京都の行政府と議会をともに掌握することになる。都知事に当選してまだ1年にもなっていないためだ。

  小池氏は子どものころから政治に対する熱望があった。17歳の時、小池氏は日記に「政治が面白い。いつか社会改革を成し遂げたい」と書いた。政治に志があった小池氏の父親も「百合子が男の子だったら良かったのに」という話をたびたびしたという。

  小池氏の父親は1969年に衆議院選挙で兵庫2区から無所属で出馬したが落選した。当時、社会党の新人・土井多賀子氏に敗北したこの場所で、1993年小池氏は衆議院議員として当選した。24年前の父親の雪辱を娘の小池氏が果たしたのだ。当時、小池氏は「東京周辺地方区だったら楽勝だったが、あえて兵庫2区を選んだ。父の悔しさを忘れないでいた」と話した。

  父親の落選以降、家計は傾いた。小池家族はエジプト・カイロに移民する。カイロ大学で社会学を勉強した小池は、ここで人生の転機となる経験をする。カイロに移住してからそれほど経たずして第4次中東戦争が勃発したのだ。銃弾が飛び交う生々しい戦争の現場を目撃した小池氏は「理想主義は何の助けにもならない」という考えを持つようになる。小池氏は、最近、あるインタビューで「世界がどれくらい欺瞞で満ちあふれているか、現実的な判断がどれくらい重要なかなどを学んだ当時の経験が、現在の都知事の業務と都民ファーストの姿勢にもそのままつながっている」と述べた。

安倍氏の好敵手・小池氏、慰安婦強制連行を否定する極右派(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事