嫌韓ムード拡散で韓国製即席めんも食べない日本人

嫌韓ムード拡散で韓国製即席めんも食べない日本人

2015年01月26日13時04分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国製即席めん(写真=中央フォト)
  日本で嫌韓ムードが拡散し、韓国製即席めんもそっぽを向かれている。これまで韓国製即席めんの最大の輸入国だった日本の輸入量が3年間で半分になった。

  業界と韓国農水産食品流通公社の農水産食品輸出支援情報によると、昨年の日本への即席めん輸出額は2447万9000ドルとなった。これは2013年の3200万1000ドルと比べ23.5%の減少となる。輸出量もこの期間に7474トンから5534トンに26%減少した。

  日本に輸出される即席めんは2009年の7930トン(2909万2000ドル)から2010年に9490トン(3905万3000ドル)に増加し、2011年が1万1405トン(5278万2000ドル)でピークに達した。その後2012年が8681トン(4293万1000ドル)、2013年が7474トンと減り始め、昨年は5534トンと2011年の半分水準に落ちた。

  これにより、昨年の韓国製即席めんの最大輸入国も日本から米国(7135トン、2610万5000ドル)に変わった。

  業界は安倍晋三首相が就任した2012年12月を前後して日本で嫌韓ムードが広がった影響が大きいと分析した。

  韓国製即席めん輸入1位だった日本への輸出が急激に減り、昨年の即席めん輸出量と輸出額は初めてマイナス成長となった。昨年の即席めん輸出量は4万8803トンで、2013年の4万9093トンに比べ0.6%、輸出額は2億846万ドルで2億1253万ドルから1.9%それぞれ減った。これまで即席めん輸出は金額基準で2009年が9.6%、2010年が10.8%、2011年が18.8%、2012年が10.4%、2013年が3.1%と増加してきた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事