<頭脳五輪>姜東潤八段、囲碁個人戦で金メダル

<頭脳五輪>姜東潤八段、囲碁個人戦で金メダル

2008年10月09日13時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  19歳の新鋭棋士、姜東潤(カン・ドンユン)八段が第1回「ワールド・マインドスポーツ・ゲームズ」(頭脳五輪)の囲碁個人戦で、同じ韓国棋士の朴正祥(パク・ジョンサン)九段を破り、金メダルを獲得した。

  8日晩、北京オリンピック競技場で行われた決勝戦の後、表彰台に立った姜東潤と朴正祥は、韓国の国歌が流れる中、世界初のマインド・スポーツ・ゲームズの金メダルと銀メダルを並んで首にかけた。 世界最強として君臨してきた韓国囲碁の地位を改めて全世界に示す瞬間だった。

  6個のメダルがかかった囲碁種目のハイライトは男子団体戦と個人戦。 主催国の中国はかなり以前からこの大会に向けて合宿訓練をしてきた半面、世界最強の地位を守る韓国は李昌鎬(イ・チャンホ)九段が健康上の問題で欠場するなど、厳しい勝負が予想されていた。

  しかし姜東潤と朴正祥は次々と中国の優勝候補を破り、決勝に進出した。 この日の決勝戦は北京テレビが中国全域に生中継し、各種インターネットサイトを通じて世界囲碁ファンに伝えられた。 李セドル九段が主軸の男子団体戦は来週から始まる。

  北京オリンピック競技場で開かれている「第1回ワールド・マインドスポーツ・ゲームズ」は、筋肉の代わりに頭脳を使うマインドスポーツを世界に知らせようという最初の試みだ。 囲碁、チェス、ブリッジ、チェッカー、中国将棋の5種目に143カ国・4084人が参加し、2週間の熱戦が行われている。金メダルの数は全35個。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事