モーガン・フリーマン、45歳年下の義理の孫と3度目の結婚へ

モーガン・フリーマン、45歳年下の義理の孫と3度目の結婚へ

2009年07月10日15時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ハリウッド俳優のモーガン・フリーマン(72)が45歳年下の義理の孫と3度目の結婚式を挙げる。

  米現地芸能メディアは9日(現地時間)現在2人目の夫人マーナ・コリー・リーと離婚訴訟中にあるフリーマンが、27歳の義理の孫エディナ・ハインズと結婚式を挙げる計画だと報じた。

  ハインズはフリーマンの最初の夫人ジャネット・アデア・ブラッドショウが再婚した夫との間にできた孫で、フリーマンはこの10余年間ハインズと特別な関係を維持し、さまざまな公式行事に彼女を同行させてきた。

  フリーマンはハインズが10代の時から彼女と性関係を持ち、この事実が夫人のマーナにばれて離婚にいたったといううわさだ。 こうした事態になったことで、フリーマンとハインズは結婚式を挙げて公式的な夫婦になることを決心したということだ。

  フリーマンの側近は「モーガンとエディナは血縁がないため結婚できない理由はない。 エディナは幼い頃からフリーマンの妻になることを人生の目標にしてきた。 2人はお互い心から愛している」と伝えた。

  現在フリーマン側は公式的な立場を表していない。

【ホットクリック】

・ 「DDoS攻撃に北朝鮮介入」…AP通信
・ 世界500大企業に韓国企業14社
・ 「ケーキまみれの金正日」人権広告が話題に
・ 【社説】金総書記の健康異常と急変事態
・ 日本の交通カードを偽造、暴力団に売った一味を検挙
・ 人気グループ V.O.Sのパク・ジホン「4歳児のパパ」告白
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事