<平昌五輪>NHLもロシアもいない…平昌は異変のオリンピック

<平昌五輪>NHLもロシアもいない…平昌は異変のオリンピック

2017年12月21日10時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)はいくつかの問題を抱えている。スポーツと政治は分離しなければならないというが、北朝鮮の参加問題は微妙な雰囲気を形成している国際オリンピック委員会(IOC)から国家主導のドーピング容疑で出場禁止処分を受けたロシアの「個人の資格参加」についてもまだ確定していない。冬季オリンピック最高の人気スポーツであるアイスホッケーでは、世界トップリーグの北米アイスホッケーリーグ(NHL)が早々と平昌ボイコットを宣言して白けた状況だ。

  相次ぐ核挑発と制裁で孤立した北朝鮮の参加は依然として不透明だ。IOCと2018平昌冬季オリンピックおよび冬季パラリンピック組織委員会側は、開幕1日前でも北朝鮮が参加の決定を下した場合、ワイルドカードなどで出場を支援するという立場だ。北朝鮮の参加は平昌冬季五輪に象徴的な意味を付与するのに多いに役立つためだ。

  北朝鮮の参加問題よりも大きな峠は冬季スポーツ強国ロシアの選択だ。ロシアはソチ五輪で国家がドーピングを主導したという容疑で調査を受け、これに伴う懲戒で今回の平昌五輪の出場資格を剥奪された。IOCはロシアの出場資格を剥奪する代わりに、選手には「ロシア出身オリンピック選手」(OAR)という名の下に個人の資格で出場できるようにした。

  ロシアも選手の個人の資格での出場を止めないという立場を明らかにしたことから、クロスカントリーとボブスレー、スケルトンの選手団、ヴィクトル・アン(韓国名アン・ヒョンス)をはじめとするロシアのショートトラック代表チームも個人の資格で平昌五輪に出場することを決めた。しかし、まだ個人の資格で出場の決定を下していない種目も多く、困難が続いている。アイスホッケーも平昌五輪への参加決定を保留にした状況なので、ロシア選手の出場については開幕前まで変動がありそうだ。

  トップ級の実力を誇るロシア選手の平昌五輪出場の是非はメダル戦争に大きな異変として影響を与える可能性がある。アイスホッケーに限っても、米国・カナダなどと世界1・2位を争うロシアが出場しないなら、ポディウムに他の選手たちが立つこともありえる。フィギュアスケートでも女子シングル世界ランキング1位のエフゲニア・メドベージェワ(18)が出場しないなら、金メダルの主人公が変わる可能性が高い。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事