<野球>“名古屋の太陽”宣銅烈監督「代表チームの選抜過程で不法行為はなかった」

<野球>“名古屋の太陽”宣銅烈監督「代表チームの選抜過程で不法行為はなかった」

2018年10月04日16時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  宣銅烈(ソン・ドンヨル)野球国家代表チーム監督が4日、2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の国家代表選手の選抜過程で「請託や不法行為が全くなかった」と明らかにした。

  昨年、野球代表チーム監督を引き受けることになった宣監督は8月アジア競技大会で金メダルを獲得したが、低調な競技力で弱いチームに苦戦する姿を見せて批判を浴びた。その後、宣監督が選手の選抜過程で球団の請託を受けて一部の選手を選抜したのではないかとの疑惑も提起された。

  宣監督はこの日午後、ソウル江南区(カンナムグ)の韓国野球委員会(KBO)で記者会見を開き、このように話して「私と国家代表野球チームに対する根拠のない批判や憶測、そして名誉毀損は自制されなければならない」と強調した。

  彼は「代表選手の選抜過程は公正だった」として「コーチングスタッフと激しい討論を経た。統計出場記録、ポジション、体力など様々な指標を確認した。討論結果を踏まえて監督である私が最終決定を下した」と説明した。

  引き続き「それでもアジア競技大会の競技力と戦略の面で不十分な部分が多かった」として「深く省察してさらに努力する」と明らかにした。

  国会文化体育観光委員会は2日、アジア競技大会の出場選手の選抜に関しては監督を国政監査の証人として採択した。

  これを受け、宣監督は「国民の一人として、ひいては国家代表監督として手続きに誠実に臨む」として「国家代表監督が国政監査台に立つのは私が初めてだと聞いた。最後になることを切実に願う」と話した。

  宣監督は「国家代表野球チームに対する最終の責任はいかなる場合にも私、宣銅烈の役割」としながら「監督である私の権限と責任で選抜し、金メダルを共に獲得した特定選手への非難は自制するように丁寧にお願いする」と呼びかけた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事