故ジョンヒョンさん出棺、同じ事務所の仲間が見送るなか永眠

故ジョンヒョンさん出棺、同じ事務所の仲間が見送るなか永眠

2017年12月21日10時18分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
SHINeeの故ジョンヒョンさん。
  ステージの上で最も輝き、音楽を愛したSHINee(シャイニー)の故ジョンヒョン(本名キム・ジョンヒョン)さんがこの世と別れを告げた。

  21日午前9時、ソウル峨山(アサン)病院では故ジョンヒョンさんの告別式に続いて出棺式が厳粛な雰囲気の中で執り行われた。享年28歳。

  この日、故ジョンヒョンさんの遺影写真はSHINeeのミンホとジョンヒョンさんの姉が持った。ミンホはジョンヒョンさんの姉をそばで支えた。SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のトンヘやイトゥクらSMエンターテインメント所属のアーティストが棺を運んだ。終始、喪主として焼香所に控えていたSHINeeのテミン、オンユ、キー、ミンホらメンバーをはじめ、少女時代のメンバーやチョン・ヒョンム、SUPER JUNIORのメンバー、EXO(エクソ)のメンバーらSM所属アーティストは、故人の最後が孤独ではないようにと全員で見送った。遺族とSM所属アーティストはどれほど泣いたのか、一様に目が腫れていた。アーティストたちは、あまりの涙に何度もまぶたを閉じたり涙を拭ったりしたが、そのたび涙がまたあふれてとめどがなかった。

  故ジョンヒョンさんは18日午後6時、ソウル江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)のあるレジデンスで倒れていたところを発見され、病院に運ばれたが息を引き取った。警察は故人が9日、10日のコンサートを控えて知人であるナイン〔4人組Dear Cloud(ディアクラウド)メンバー〕に託したものを遺書としてみている。

  一方、故人は2008年、グループSHINeeのメンバーとしてデビューして『Replay』『LUCIFER』『Sherlock』など、数々の曲をヒットさせてきた。シンガーソングライターとして、心に響く音楽も多く残した。『ため息』『1日の終わり』『Lonely』など故人が世の中に残したかったメッセージが込められた音楽は、故人の死後、音源チャートの上位に再びランクインしている。ラジオDJとして活動しながら、また舞台で公演をしながらファンと疎通し、あたたかい響きを残した。

SHINeeジョンヒョンさんの遺書全文

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • SHINeeの故ジョンヒョンさん。
  • 遺影を持つSHINeeのミンホ。
  • 悲しみに沈む(左から)SUPER JUNIORのウニョク、Red Velvetのイェリ、SUPER JUNIORのイトゥク
  • 少女時代のユナ(左)とテヨン。