【社説】大韓民国外交部の恥ずかしい自画像

【社説】大韓民国外交部の恥ずかしい自画像

2010年09月06日08時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官が先日、李明博(イ・ミョンバク)大統領に辞表を提出した。娘ヒョンソン氏(35)の外交部特別採用問題が浮上してから2日後だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の関係者は「辞意を返戻しないものと理解している」と明らかにし、辞表の受理が確実視されている。李明博政権発足と同時に就任し、最長寿長官になった柳長官は、今回の波紋で就任2年7カ月目に途中下車し、37年の外交官経歴に致命的な汚点を残すことになった。柳長官の落馬は個人の不名誉を越えて外交部全体の恥辱であり不名誉だ。首将の墜落を契機に外交部は恥ずかしい自画像を振り返り、組織の面目を一新して、大韓民国の外交が生まれ変わる機会にしなければならないだろう。

  柳長官は本来の業務のためではなく、娘の特別採用問題で長官から退いた。「バナナ共和国」でもなく、主要20カ国・地域(G20)首脳会議を主催する国でのことだ。2カ月後にソウルで開催されるG20首脳会議の参加国にはどう説明するだろうか。韓国の社会がまだこのレベルにしかならないのかという自己恥辱感で顔を上げられないという国民が多い。柳長官一人の辞表を受理することで済む問題ではない。

  李大統領の指示で調査を進行中の行政安全部監査チームは、柳長官の娘の採用過程を一点の疑惑なくすべて明らかにする必要がある。問題点が確認されれば、すべての関係者に対して厳重に責任を問わなければならない。柳長官の娘とは知らずに採用手続きが進行されたという外交部の偽りの釈明に対しても責任の追及がなければならない。契約職として特別採用され、現在外交部で勤務中の外交官の子ども7人の採用過程についても監査チームが調べることにしただけに、これも徹底的に明らかにすることが求められる。それが逆差別論争を眠らせ、被害を防ぐことでもある。

  洪政旭(ホン・ジョンウク)議員(ハンナラ党)が外交部に提出させた国政監査資料によると、97年から03年まで行われた外交官試験2部試験を通して選抜された22人のうち9人(41%)が外交部高位職の子どもだった。柳長官の娘の特別採用をきっかけに、この9人に対しても国民は疑惑の眼差しを向けている。外国語特技と外国生活経験で外交官の子どもが有利になるしかないという点を認めても、あまりにも比率が高いということだ。しかも2012年を最後に外交官試験が廃止され、2013年からは外交アカデミーを通して外交専門担当者を選抜することになっている。これも外交官の子どもに有利になる可能性が高い。選抜手続きの透明性と公正性の確保がカギであることを銘記しなければならない。

  長官の娘一人が採用されたにもかかわらず、外交部内で問題意識を持って直言した職員はいなかった。長官と同じ高校・大学出身者が側近に重用され、外交部では「ソウルランド」という言葉も出ている。派閥と人脈が作動し、無事安逸と保身主義に陥った組織文化で創造的外交は考えられない。周囲の目を気にせず自分の仕事に集中する人が、出身に関係なく重用される外交部に生まれ変わらなければならないだろう。

【ホットクリック】

・過去10年間の外交部特別採用400人全員を調査
・三星電子社長「ギャラクシータブ、世界で今年100万台売る」
・現代車、韓国より中国でよく売れる
・【社説】「柳長官娘特別採用」 公正性を考える契機に
・起亜車「ソウル」「ソレント」 米国でリコール…配線不良で火災の危険
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事