【社説】ISの「日本人斬首」は反倫理的テロだ

【社説】ISの「日本人斬首」は反倫理的テロだ

2015年01月26日10時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  一昨日に公開された、イスラム国(IS)が日本人男性の湯川遥菜氏を殺害したという映像は衝撃的だ。映像にはISに共に人質として捕まった日本人ジャーナリストの後藤健二氏が、斬首されたと思われる湯川氏の写真を持っていた。日本の安倍晋三首相は映像の信ぴょう性が高いとして「このようなテロ行為は言語道断であり容認しがたい暴挙」と非難した。米国や英国首脳もISの行為を糾弾する声明を発表した。ISの罪のない日本の民間人殺害が事実ならば、いかなる理由にも正当化されることはできない反倫理的テロ行為だ。国際社会は、ISの野蛮的なテロと勢いを膨らませる鎖を断ち切る努力をより一層強化しなければならない。

  ISはイラクとシリアで極端な残酷行為をはばからない反西側の過激派団体だ。昨年は記者や救護機関職員を含む5人の外国人を斬首して少数派宗教を信じる民族を虐殺・追放して大きな衝撃を与えた。米国は昨年8月以降、シリアとイラクIS占領地を相手に空襲を敢行したがISはかえって占領地域を広げている。イラクとシリアの2つの国家の3分の1ほどを事実上支配しているという。米軍のイラク撤収にともなう力の空白も原因として挙げられている。だがISは外国の民間人を人質とみなして身代金を要求したり斬首したりする残忍非道な行為が国際的な嫌悪と反感だけをあおっているという事実を悟るべきだ。

  ISは現在、勢力拡大のために中東を超えて全世界に手を伸ばしている。今までISに加担した人は82カ国の1万5000人に達するものと把握されている。韓国も例外ではない。トルコで行方不明になったキム君(18)がISに入ろうとシリア国境地帯に移動したという状況があらわれた。ISから自由な国はないということだ。韓国政府はISテロ根絶のための国際的努力に積極的に参加して、イラクをはじめとする中東地域で活動中の駐在員らの保護に万全を期しなければならない。テロ頻発地域に対する国民の旅行禁止を再び喚起させる必要もある。今回の日本人の人質事件は重ねてISの脅威が対岸の火ではないということを物語っている。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事