MBC「善徳女王」コ・ヒョンジョン効果で好発進

MBC「善徳女王」コ・ヒョンジョン効果で好発進

2009年05月26日12時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  MBCドラマ「善徳女王」(脚本キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン、演出パク・ホンギュン)が15.3%(ABGニールセンメディアリサーチ集計)の視聴率を記録して快調なスタートを切った。

  25日スタートした「善徳女王」はミシル役のコ・ヒョンジョンの、何かに取り付かれたような悪女の演技で視聴者たちの目をくぎ付けにした。

  コ・ヒョンジョンは美しく新羅王室を牛耳る妖婦であると同時に、王位を奪うことを夢見るヒロインであるミシルの両面性を千変万化した表情とカリスマで表現した。ファムファタールの新しい典型を提示したといわれる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事