「歴史認識欠如」騒動の韓国ガールズグループAOA、涙の記者会見

「歴史認識欠如」騒動の韓国ガールズグループAOA、涙の記者会見

2016年05月17日11時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
涙をふいているAOAメンバージミン(左)とソリョン。(写真=韓国ニッカンスポーツ)
  カムバックの舞台にふさわしくない、沈んだ雰囲気だった。

  メンバー7人は「すいません」「申し訳ありません」という言葉を繰り返して謝った。歴史認識問題の当事者であるジミンとソリョンはこれまでの気苦労のためか何度も涙を見せた。

  ガールズグループAOAが16日、ソウル広壮洞(クァンジャンドン)YES24ライブホールで4rdミニアルバム『Good Luck』のショーケースを開いた。昨年6月『胸キュン(Heart attack)』発表以降、11カ月ぶりだ。

  AOAの今回のカムバックステージは、最近大きくなった歴史認識問題によって重い雰囲気の中で行われた。リーダーのジミンは「1年ぶりのカムバックで緊張していたが、良くないことで多くの方を失望させて申し訳ない」とし「今後、最善を尽くしてがんばりたい」と話して涙を流した。

  ソリョンも記者会見の途中、深い息をついて「これからはもう少し慎重になりたい。申し訳ない。一生懸命したい」と、なんとか挨拶の言葉を伝えた。ソリョンは他のメンバーが抱負を話している間も涙が止まらなかった。

  最近、芸能番組『チャネルAOA』のクイズコーナーで安重根義士の写真を判別できず歴史認識不足だと叱責を受けたことに対する謝罪だった。安重根義士を示して「キン・トカン」〔金斗漢(キム・ドゥハン)の日本式発音)とふざけるように言ったことから非難が相次いだ。

  弱り目にたたり目で、この日公開された『Good Luck』のプロモーションビデオさえ親日議論に包まれた。プロモーションビデオの中間にトヨタとホンダの自動車が登場したことに対して一部のネットユーザーが反発したためだ。

  所属事務所は最近の議論を意識したかのように日本自動車のロゴが出ている部分をモザイク処理した。チョアは「このようなことは初めてだが、不快に思った方々に申し訳なく思う」とし「次はこうしたことが無いようにする。もっと良い姿お見せする」と繰り返し謝った。

  カムバックステージにふさわしくない雰囲気が続いたがメンバーは『Good Luck』舞台で、ガールクラッシュ(「Girl」と「Crush」の合成語で、女性が女性を好きになるほどすばらしいという意味)コンセプトのイメージをあますことなく見せた。赤のジャンパーと青のホットパンツを着てセクシーで堂々としたパフォーマンスを披露した。

  『Good Luck』は初夏を狙ったさわやかなポップダンス曲で、カナダ出身のMatthew Tishlerが作曲した。歌詞には好きな異性に向かって「絶対に私を逃さないで」という告白が入っている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事