南スーダン紛争激化…日本からの支援受けて実弾装填した韓国軍ハンビッ部隊

南スーダン紛争激化…日本からの支援受けて実弾装填した韓国軍ハンビッ部隊

2013年12月24日08時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界の「最新生国」南スーダンが、独立2年余りで内戦の危機を迎えた。政府軍は鎮圧兵力を増強しており、反乱軍は油田地帯を掌握して政府の息の根を止めるべく乗り出した。南スーダンで国連平和維持(PKO)活動中の韓国軍ハンビッ部隊も日本から実弾を支援してもらうなど警戒態勢を強化している。

  国防部当局者は23日「現在、状況が停滞状態を見せてはいるが万が一の事態に備える必要がある」として「工兵や医務部隊を中心に派兵されたハンビッ部隊の自衛権レベルで実弾や副食の空輸を検討中」と明らかにした。ハンビッ部隊の兵280人余りは南スーダンのジョングレイ州の州都ボルで現地再建活動中だ。小銃など個人火器や少量の実弾のみを備えている。軍は空軍のC-130輸送機に実弾やキムチなどの副食を載せて現地に送ることにした。

  ハンビッ部隊はまた、軍の追加軍需支援が行われる前の危急的状況の発生に備えて日本の自衛隊から小銃弾薬1万発を23日支援してもらった。韓国軍が日本軍から弾薬支援を受けたのは初めてだ。軍は軍需支援が行われれば直ちに支援された弾薬を返還する予定だ。軍関係者は「韓国軍が使う5.56ミリ小銃と日本が使う弾薬が同じ種類なので国連南スーダン任務団(UNMISS)のあっ旋で臨時的に借りた」と説明した。

  ハンビッ部隊に対する直接的な威嚇はまだ確認されたことはないが、ボルは政府軍と反乱軍の間で最も激烈な交戦が続いている地域であり安心できない状況だ。政府軍と反乱軍は互いにボルを掌握したと主張して兵力を補強している。南スーダンで流血事態が発生した後、1週間で死亡者は500人余り、難民は約6万2000人に達する。

  これに先立ち南スーダン政府は22日北部ユニティ州の首都ベンティウを反乱軍が掌握したと明らかにした。南スーダンは国家予算の99%を原油収益で充当するが、多くの原油がユニティ州から出ている。ユニティ州の奪還のための激しい交戦が予想される理由だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事