「旧日本軍50人が列をなして入った」シンガポールの韓国人慰安婦の実態を公開

「旧日本軍50人が列をなして入った」シンガポールの韓国人慰安婦の実態を公開

2017年11月23日15時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
先月、公開された旧日本軍慰安婦映像の韓国人慰安婦。(写真=ソウル市・ソウル大人権センター)
  韓国研究陣の現地調査を通じてシンガポールの旧日本軍慰安所の実態が公開された。韓国日報は23日、現地調査の結果を引用してシンガポールの韓国人慰安婦被害者は約600人に達していたものと推算されたと伝えた。

  韓国女性政策研究院によれば、シンガポール国立文書保管所とアーカイブなどを通して日帝強占期に旧日本軍が慰安所の設立と管理に組織的に関与したことを立証する史料約140件を見つけた。

  メディアは東南アジア地域にも韓国人慰安婦が存在していたという証言と写真などが公開されたことはあるが、具体的な資料が韓国研究陣によって確認されたのは初めてだと伝えた。韓国人慰安婦被害者は約8万~20万人と推算されるが、政府が公式確認された被害者は238人だけだ。

  韓国女性政策研究院の「旧日本軍慰安婦記録物発掘・整理・解除」の報告書によると、日本がシンガポールを占領・統治した1942~1945年に運営していた慰安所は約10カ所と把握されている。旧日本軍が組織的に慰安所を設立したこともあり、ブローカーが「料亭」の形で運営したりした。記録上、第2次大戦が終わるごろまでシンガポールに居住していた韓国人慰安婦は600人余りと推定される。

  シンガポール国立文書保管所に保管されている口述資料で1981年、ヨギニ・ヨガラジャさんは「l旧日本軍慰安婦を乗せてミャンマーに行く途中、汽車には少女がぎっしりと埋まっていた。水道施設の前で裸になって入浴しなければならない戦争捕虜だった」と話した。

  当時の実状を目撃した証言も相次いだ。中国系シンガポール人であるリウ・カンさんは1946年に出版した画集で旧日本軍が慰安所を運営する姿を描いたが、彼は「慰安所は旧日本軍にとって欠かせない付属品であり、彼らが一番最初にした仕事は売春婦を募集した後、将校と一般軍人にサービスを提供するようにそれぞれの等級を分けること」と説明した。

  1983年、タン・ベンルアンさんは「家の近くに部隊が多くあったが、旧日本軍は日曜日に慰安所に行ってクーポンや票を持って待っていた」とし「旧日本軍は食べ物も食べず飲み物も飲まず、ひたすら女と楽しむばかりだった」と回想した。1984年ロウ・レイレンさんも「シンガポールのケンヒルロードの慰安所の前にはいつも旧日本軍が50人程度列をなして入ろうと待っていたが、映画館の列のようでとてもおかしかった」と記憶した。

  日本占領期にタントクセン病院の歯科助手として勤めていたマーク・オン・ウェンウェイさんは2000年、インタビューで「マンダレーの街にある慰安所の韓国人慰安婦は主に性病伝染で治療を受けた」とし「韓国人慰安婦は日本語ができなかったし、彼女ら同士に韓国語を使っていた」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事