<韓日首脳会談>通貨スワップ700億ドル規模拡大に合意

<韓日首脳会談>通貨スワップ700億ドル規模拡大に合意

2011年10月19日15時00分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李明博(イ・ミョンバク)大統領と日本の野田佳彦首相は19日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で首脳会談を開き、韓日の通話スワップ規模を現在の130億ドルから計700億ドルに拡大することに合意したと、企画財政部と韓国銀行が発表した。

  現在の130億ドルは、チェンマイ・イニシアチブ(CMI)の通貨スワップ100億ドル(ドル・ウォン/円)とウォン・円の通貨スワップ30億ドルで構成されているが、今回の合意で韓国銀行と日本銀行間のウォン・円の通貨スワップは300億ドルに拡大されることになった。また、新しく韓国銀行と日本銀行間で300億ドルのドル-ウォン/円スワップを設定した。

  韓国が日本から資金を受けるとき、韓国は700億ドル相当のウォン貨を日本に提供し、日本は300億ドルに相当する円貨と米ドル貨400億ドルを提供する。逆に、日本が資金を受ける場合には、日本は700億ドル相当の円貨を韓国に提供し、韓国は300億ドルに相当するウォン貨と米ドル貨400億ドルを提供する。契約期間は締結日から1年を原則としている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事