チャン・ドンゴンとコ・ソヨン、1日1000万ウォンの部屋に宿泊

チャン・ドンゴンとコ・ソヨン、1日1000万ウォンの部屋に宿泊

2010年05月03日12時07分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  「世紀のカップル」チャン・ドンゴンとコ・ソヨンの結婚式が盛大に行われた後、世間の関心が2人の「ハネムーン」に集中されている。

  2日、結婚式を挙げた2人は3日、インドネシアのバリ・ブルガリリゾートに4泊6日の日程の新婚旅行に発つ。

  神の島と呼ばれるバリはチャン・ドンゴンが普段からよく訪れた旅行先だ。妊娠4カ月目に入り、長期間の飛行が負担になるコ・ソヨンのためにチャン・ドンゴンは比較的近い東南アジアを旅行先に決めた。

  チャン・ドンゴン、コ・ソヨンが宿泊するブルガリリゾートはバリ私の最高水準のリゾートで、2人はリゾートの中でも最も高いブルガリビラを予約した。ブルガリビラは1日の宿泊費が6000~1万ドル(670~1100万ウォン)になる。1300平方メートルに専用アクセスキーを通じて入り、3つの寝室とバーが設置された大型リビング、大型ダイニングルーム、ホームシアター、最先端機器を取り揃えたキッチン空間で構成されている。ここに広いテラスと長さ20メートルのプールも含まれている。

  バリ旅行会社の関係者は「チャン・ドンゴン、コ・ソヨンさんが協賛なしにブルガリビラを予約した」とし「5月の連休を控えたピーク期なのでほかのリゾートは満席だが、一軒しかないブルガリビラはあまりに高価なので予約が可能だった。中東の富豪が主に利用する客室」と伝えた。

  

【ホットクリック】

・ 李大統領、明日全軍指揮官会議を主宰
・ チャン・ドンゴンとコ・ソヨンの結婚式参観記
・ 「ヨナの記録」伝説として残るか
・ 金剛山の朝鮮族人材36人撤収
・ 「金正日総書記を乗せた特別列車」丹東通過を確認…午後北京に
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事