TWICE、日本のタワレコ「2018 ベストセラーズ」K-POP部門首位席巻

TWICE、日本のタワレコ「2018 ベストセラーズ」K-POP部門首位席巻

2018年12月04日14時18分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
TWICE
  韓国ガールズグループTWICE(トゥワイス)が日本タワーレコードの年間チャート「2018 ベストセラーズ」K-POP分野のアルバムおよびシングル首位を席巻した。

  

  3日、タワーレコードが発表した「2018 ベストセラーズ」によると、TWICEの日本オリジナル1stアルバム『BDZ』は、「K-POP国内アルバム」TOP10で1位に入った。3rdシングル『Wake Me Up』は「K-POPシングル」TOP10で首位に、2ndシングル『Candy Pop』は同2位にランクインした。5thミニアルバム『What is Love?』、2ndスペシャルアルバム『Summer Nights』、6thミニアルバム『YES or YES』は「K-POP輸入アルバム」のTOP10にもそれぞれ2位・4位・6位にランクインするなどのすさまじい底力を見せて目を引いた。TWICEの現地の圧倒的な人気を実感させる成績だ。

  これに先立ち、『BDZ』でオリコンデイリーアルバムランキング7連続1位、週間ランキングおよび日本進出後初のオリコン月間アルバムランキング首位まで占めて、日本レコード協会からプラチナ認定を受けた。『Wake Me Up』では海外女性アーティストのシングルで初めてダブルプラチナ認定、2月にリリースされた『Candy Pop』でもプラチナ認定をそれぞれ受けた。特に『Wake Me Up』は今月30日に生放送されるTBSの第60回「輝く!日本レコード大賞」で「優秀作品賞」を受賞している。

  その勢いに乗り、31日には日本を代表する年末特集番組であるNHKの『紅白歌合戦』にK-POPガールズグループとして初めて2年連続で出演することも決まっている。今年69回目を迎える同番組にTWICEは昨年に続き今年もK-POP歌手として唯一ラインナップに含まれた。

  あわせて来年3月21日に京セラドーム大阪、3月29日と30日東京ドーム、4月6日ナゴヤドームなど現地3都市4公演のドームツアーを開催する。K-POPガールズグループ初のドームツアーで、海外アーティスト史上、デビュー後最短期間での東京ドーム公演開催という新たな歴史を書いた。

  一方、TWICEは12日午後6時、3枚目となるスペシャルアルバムおよびタイトル曲『今年一番良くやったこと』をリリースして2018年を有終の美で締めくくる予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事