韓国映画『神と共に2』、封切り5日目に観客600万突破

韓国映画『神と共に2』、封切り5日目に観客600万突破

2018年08月06日08時54分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『神と共に―因と縁』
  『神と共に―因と縁』(原題)が席巻した週末だ。

  映画振興委員会の映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば、映画『神と共に―因と縁』(キム・ヨンファ監督)は、公開第一週目だった3日から5日まで3日間384万7603万観客の選択を受けた。

  ボックスオフィス順位は5日目に1位、累積観客数は619万4048人で『神と共に―因と縁』はただ5日で600万の観客数を集めることに成功し、1000万突破に一歩近づいた。

  このままであれば、公開第2週目に入るや否や「1000万祝砲」を打ち上げることになるものとみられる。

  これで『神と共に―因と縁』は今年公開した韓国映画のうち最高ヒット作に位置づけられていた『毒戦』の記録も簡単に超えた。『毒戦』は500万人を累積した。

  これに1140万人を動員して今年最高のヒット作1位にのぼった『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の記録まで破り、韓国映画のプライドを守るものとみられ期待感が高い。

  一方『神と共に―因と縁』の後に続いては『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が85万729万人を記録し、累積観客数549万5071人、シリーズ最高記録に向かっている。

  『劇場版ハローカーボット:白亜紀』『インクレディブル・ファミリー』『神秘アパート:金色おばけと秘密の洞窟』(原題)などアニメーションがトップ5を占領し、夏休みを迎えて大きく愛されているということを証明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事