【時視各角】金正恩が出した手を握った文在寅

【時視各角】金正恩が出した手を握った文在寅

2018年05月28日14時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の27日の記者会見を前後に、消えかけていた米朝首脳会談がよみがえった。文大統領の羞恥に耐える忍耐と誠意が感じられる人間性が通じたようだ。韓国大統領が会見する頃、米大統領はホワイトハウスで「シンガポール会談の検討は変わらず、議論がとてもうまく進行しているところ」と明らかにした。幸いだ。トランプ大統領の「うまく進行している議論」の中には、文在寅大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長のスパイの接触のようなサプライズ首脳会談が含まれているはずだ。

  南北首脳の統一閣(板門店北側地域)会談を振り返ると、2人はあたかも米大統領が出した難しい宿題を共に終わらせたようだ。文大統領が金正恩委員長に会った事実を26日午後5時の終了後に直ちに公開できなかったこと(午後7時50分に文字メッセージで公開)、会談結果発表会見をあえて翌日の27日に先送りしたのは、事前にトランプ大統領に内容を誠実に伝える時間が必要だったからだという。徐薫(ソ・フン)国家情報院長や鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長が米国のポンペオ国務長官やボルトン安保補佐官に南北首脳の対話内容を詳細にブリーフィングしたはずだ。

  核心の消息筋は「青瓦台はホワイトハウスにどのような内容を伝えたのか」という筆者の質問に対し、「トランプ大統領が非常に好む内容だと聞いている」と答えた。「では、金正恩委員長が核保有国の地位を放棄して米国が要求する完全な核廃棄、すなわちCVID(完全で検証可能かつ不可逆的な廃棄)を受け入れたという意味か」ともう一度尋ねると、あえて否認しなかった。彼は「非核化の水準と方式はトランプ大統領と金正恩委員長がシンガポール会談で決めなければいけない事案だ。韓国側から先に流れては困る」と慎重だった。

  金正恩委員長の態度が変わった理由は何か。消息筋の言葉を総合すると、トランプ大統領が24日深夜(日本時間)に「金正恩閣下」に送った手紙のためだった。手紙は金正恩委員長に大きな苦痛と衝撃を加えた。トランプ大統領は金正恩委員長を脅迫した。米国大統領は「貴下(金正恩委員長)が最近声明で表した激しい怒りと露骨な敵対感(金桂冠第1外務次官と崔善姫外務次官が発表)」のためにシンガポール会談はできないと伝えた後、「我々が保有する非常に強力な核兵器が(北朝鮮に)使われないことを祈る」と書いた。

  ほえる犬はかみつかない。過去に「言葉爆弾」を交わしたトランプ大統領とは違った。トランプ大統領の丁重で節制された文語的な表現には「かみつく」という決意がにじみ出ていた。トランプ大統領の手紙は行動派のジェームズ・マティス国防長官と相談して作成された。金正恩委員長は米朝首脳会談が不発になって状況が悪化すればすぐに死ぬかもしれないという恐怖心に包まれた。

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の昨日の会見によると、トランプ大統領の手紙が平壌(ピョンヤン)に伝えられてから一日も経たないうちに(25日午後)金正恩委員長が先に文大統領に「会おうという要請」をしてきた。差し迫っていた。文大統領は自分の息子より何歳か若い30代の北朝鮮指導者が出した「助けてほしい」という手を握った。大韓民国の元首の文大統領がスパイのようにこっそりと境界を越えて敵国の首長と2時間も会ったため、憲法的地位と国の品格を毀損して韓国国民の自尊心を傷つけたという批判を受けかねない。文大統領がその後の波紋にもかかわらず秘密会談に応じ、その内容を不信感と疑心が消えないトランプ大統領に誠意を持って伝えたのは、人間に対する惻隠の心と仕事のためには自尊心も捨てる特別な性格でなければ説明しにくい。それがどれほどありがたかったのだろうか、昨日の労働新聞1面に「金委員長が朝米首脳会談のために多くの努力をしてきた文在寅大統領の労苦に謝意を表した」という記事が登場した。

  チョン・ヨンギ/中央日報コラムニスト
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事