慶州で余震350回以上続く…気象庁「いつ収まるかわからない」

慶州で余震350回以上続く…気象庁「いつ収まるかわからない」

2016年09月18日11時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  秋夕(チュソク、中秋)連休が終わろうとしているが、12日に韓国で最大規模の強震が発生した慶尚北道慶州(キョンサンブクド・キョンジュ)では余震が続いている。

  気象庁によると17日午後9時基準で351回の余震が発生した。慶州で発生している余震は人体には感じないマグニチュード(M)3未満の地震が336回で最も多かった。M3~4と記録された余震は14回発生したことが確認された。M4~5を記録した余震は1回発生した。

  余震の発生頻度は徐々に減っているが、余震がいつ収まるかは気象庁も予測できずにいる。気象庁は「余震がいつ収まるかは現在では予測しにくい」と話した。幸い余震による追加被害の報告は入っていない。

  これに先立ち慶州では12日午後8時32分にM5.8の地震が発生した。これは1978年に韓国で地震観測を始めてから最大規模と記録された。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事