ゴルフ・相撲歓待が通じた…トランプ氏「貿易交渉、日本の選挙後に」

ゴルフ・相撲歓待が通じた…トランプ氏「貿易交渉、日本の選挙後に」

2019年05月27日07時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安倍晋三首相(右)が26日、千葉県のゴルフ場でゴルフのラウンドの途中、ドナルド・トランプ米大統領(左)と写真を撮影している。(写真=ツイッター)
  26日午前9時7分、千葉県茂原市のゴルフ場「茂原カントリー倶楽部」。令和時代初の国賓、ドナルド・トランプ米大統領がヘリコプターから降りると、先に待っていた安倍晋三首相が近づいて歓迎の挨拶をした。トランプ大統領の赤色の上着と安倍首相の青色のジャケット、白のズボン姿は星条旗を連想させた。「アメリカンスタイル」で朝食を取った両首脳は午前9時44分、摂氏30度を越える「5月の猛暑」の中でゴルフのラウンドを開始した。計画通り全18ホール中16ホールだけを回り、米国産牛肉を使った「ダブルチーズバーガー」で昼食を取った。トランプ大統領が「偉大なパットの名人」と称賛した日本の伝説的プロゴルファー青木功氏(76)も伴ってのことだった。

  ラウンドの途中、両首脳は自撮り写真を撮影して「ドナルド&シンゾーのブロマンス」と呼ばれる特有の親密感をアピールした。首脳間の親密度だけをみれば「ロン・ヤス(1980年代ロナルド・レーガン大統領と中曽根康弘首相)時代」を超えたという評価だ。テレビ朝日のカメラには、トランプ大統領がパットに成功するたびに拍手する安倍首相の姿が収められた。ゴルフミーティングは今回が5回目だ。ラウンド後、安倍首相は「暑かったが、美しい緑のなかで本当に気持ちよく楽しくプレーをすることができた」とし「大変リラックスした雰囲気のなかで率直な意見交換もできた」と話した。安倍首相の真心が通じたのか、トランプ大統領はゴルフの後、ツイッターに「(日本との貿易交渉の)大部分は7月の日本の選挙の後まで待つ」と書き込んだ。選挙を控えた安倍首相が困らないように配慮するという意味だ。

  ゴルフの次は相撲だった。両首脳はメラニア-昭恵夫人を伴って都内の両国国技館で夏場所千秋楽の取組を観戦した。4人は土俵に近い「升席」に特別に準備された椅子に座った。トランプは特注した重さ30キログラムを超える「トランプ杯(トロフィー)」を優勝者の朝乃山に授与した。

  両首脳の非公式による夫婦同伴の夕食会の会場は六本木の高級炉端焼きレストラン「田舎屋」。トランプ大統領は夕食会の冒頭で「安倍首相と貿易と安保、多くの話を交わした。ずっと見たいと思っていた相撲を観覧するなど、とても楽しかった。ありがとう」と話した。

  この日、安倍首相はトランプ大統領と「3度の食事」を含めて、一日中ずっと一緒にいた。野党からは「安倍首相は観光ガイドか」「安倍旅行会社の日本満喫ツアーか」という皮肉も出てきたが、日本メディアはトランプの訪日2日目であり休日であるこの日を「おもてなし攻勢の日」と名付けた。

  徳仁新天皇とトランプ大統領の共同会見、日米首脳会談が予定された27日の「本戦」、両首脳が海上自衛隊護衛艦に乗艦する28日の「日米同盟誇示の日」と比較しながらだ。ランドマークである634メートルの電波塔「東京スカイツリー」の夜のライトアップは、トランプ大統領が到着した25日から星条旗カラーの赤・青・白で装飾された。

  安倍首相に会う前、トランプ大統領はツイッターを通じて「北朝鮮が小さな武器(small weapons)数発を発射したことが一部の参謀を不安にさせたが、私は大丈夫だ」と伝えた。「北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射が国連安保理決議違反であることは疑いの余地がない」と述べたジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の前日の言及を「小さな武器」という言葉まで使ってすぐに火消しに回った。続いて「彼(北朝鮮)が積弊人間(Swampman)であるジョー・バイデンをIQが低い人と呼んだ時に笑顔を浮かべた。おそらくこれは私に信号を送っているのだろう」と話した。バイデン前副大統領はトランプ大統領の次期大統領選挙のライバルだ。トランプ大統領が北朝鮮イシューを大統領選挙用に扱っているという点をそのまま見せたという分析だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事