<南北首脳会談>韓国野党代表「今回の会談は文大統領助けようとする金正恩の配慮」

<南北首脳会談>韓国野党代表「今回の会談は文大統領助けようとする金正恩の配慮」

2018年05月28日13時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
自由韓国党の洪準杓代表が27日に党事務所で記者会見を行い、2度目の南北首脳会談と関連して「政治的立場を離れ南北首脳の会談を歓迎する」としながらも、「新しい内容や議論の進展は全くなく、米国の強硬な立場に直面した両首脳の当惑感だけが確認できた」と評価した。左はキム・ソンテ院内代表。
  自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が27日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の2度目の首脳会談について、「新しい内容や議論の進展は全くなく、米国の強硬な立場に直面した南北両首脳の当惑感だけ確認できた」と評価した。

  洪代表はこの日午後、ソウルの党事務所で記者懇談会を開き、「韓半島(朝鮮半島)非核化という曖昧な内容以外には北朝鮮の核廃棄関連内容はどこにも見つからなかった」と話した。洪代表は「南北首脳会談が感傷的な見た目だけで冷酷な韓半島の現実を覆うことはできない。米朝首脳会談に向けた実務交渉過程をより冷徹な視線で見守りたい。真実の瞬間がまもなく現れることになるだろう」と話した。洪代表は今回の2度目の南北首脳会談に対し、「文大統領を助けるための金正恩の配慮」とも評価した。「バラ色の幻想だけ植え付けた文大統領と北朝鮮の核廃棄ではなく韓半島の非核化を主張した金委員長が同時に米国の圧迫からデッドロック(deadlock・膠着状態)に置かれた状況」としてこのように話した。

  洪代表は記者懇談会前にソウル・蘆原(ノウォン)丙選挙区の国会議員補欠選挙に出馬したカン・ヨンジェ候補の選挙事務所開所式に出席し、「きのう突然文大統領がまたショーを始めた。30年以上続いてきた北朝鮮の核問題を1度のショーで整理しようとするのはただ地方選挙用で、地方選挙が終わった後にショーと明らかになってもその時にはすでに選挙が終わってしまっている」と批判した。

  「密室会談」という苦言も出てきた。自由韓国党のキム・ソンテ院内代表は「国民も、野党も知らずに隠密に会談を進めたことに関し問わざるを得ない。いくら南北関係が特殊な状況でも正常なプロセスで国民的同意と支持の中で首脳会談を進めるべきだった」と指摘した。キム院内代表は「文大統領がこのような形のサプライズショー形態で金委員長とのパートナーシップに集中するならばトランプ米大統領とのパートナーシップに不要な雑音が生じかねない」と付け加えた。

  また、自由韓国党所属のキム・ハクヨン国会国防委員長は「わずか2時間余りだったが文大統領は(北朝鮮側に)入って軍統帥権者委譲という基本的な措置をしなかった。この国は大統領も首相も不在中という無防備状態で放置された」と批判した。これに対し青瓦台(チョンワデ、大統領府)は、「李洛淵(イ・ナクヨン)首相が海外出張中のため、その次の権限者である金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相に権限を行使できるよう委任する法的手続きを踏んだ」と釈明した。ただ先月27日の南北首脳会談直後に「偽装平和ショー」と強く批判したのと比較して自由韓国党は水位調節をした。この日の懇談会でも洪代表は「米朝首脳会談が膠着状態に置かれた状況で韓半島問題を平和に解決するために南北首脳が直接会って対話したこと自体は歓迎すべきこと」と述べた。

  自由韓国党と違い他の野党は肯定的評価をした。「正しい未来党」シン・ヨンヒョン首席報道官は「今回の南北首脳会談は必要に応じていつでも格式ばらずに開けるという事例を作ったもので大きな意味がある」と明らかにした。民主平和党のチェ・ギョンファン報道官は「米朝首脳会談の堅固な飛び石になった」と論評した。

  民主党もやはり公式論評を出し「文大統領の仲裁努力で消えつつあった平和の火種を生き返らせることができた。韓半島非核化に対する南北と米国の首脳の意志と米朝首脳会談を望む金正恩国務委員長の考えを明確に確認した」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事