ドナルド・トランプ「金正恩は頭がおかしいか、そうでなければ天才」

ドナルド・トランプ「金正恩は頭がおかしいか、そうでなければ天才」

2015年08月24日09時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国共和党大統領選候補であるドナルド・トランプ氏が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記について「彼は『頭がおかしい』か、そうでなければ『天才』だ」と発言した。今月21日(現地時間)、アラバマ州バーミンガムのラジオ放送WAPIの「The Matt Murphy Show」に出演したトランプ氏は「南北間に再び緊張が高まっている。だから米国は戦艦を送るのだ」と述べたと米国のインターネットメディア「Breitbart」が22日、報じた。

  トランプ氏は最近、北朝鮮の地雷と砲撃挑発から始まった韓半島(朝鮮半島)の緊張状況にに言及しながら「韓国は偉大で立派だ。私が展開している事業に関連し、テレビ4000台を注文した。サムスン・LG・シャープ(シャープは日本産だ)はすべて韓国からやってくる。彼らは大金を儲けている。ところでわれわれは軍隊を送っている。そこに入って彼らを防御する。われわれが得るものはない。狂っている。なぜ彼らはわれわれを助けないのか」と述べ、韓米同盟を非難する発言を繰り返した。

  トランプ氏は引き続き「われわれには狂った男がいる。私の考えでは、彼は頭がおかしい。彼は頭がおかしいか、天才の二つに一つだ。彼は実際、その父親(金正日)より不安定だ。彼と比較する時、父親のほうが相対的マシだったと言える」として、金正恩第1書記を非難した。

  トランプ氏は韓国を防御することから米国が得るものはないという「安保無賃乗車論」を繰り返した。「なぜわれわれが皆を防御するのか。彼らは金持ち国家だ。正しいメッセンジャー(指導者)がいるならば彼らはわれわれに巨額の資金を出すだろうし、そうすれば皆が幸せになる。だが、今、現実はとても悲しい状況だ」。トランプ氏は先月21日にサウスカロライナ州での遊説過程でも韓国を取り上げながら韓米同盟を非難する発言をしていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事