15年ぶりに韓国内でコレラ患者発生…光州の50代男性

15年ぶりに韓国内でコレラ患者発生…光州の50代男性

2016年08月23日15時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  後進国の感染病であるコレラが韓国で15年ぶりに確認された。疾病管理本部は23日、光州(クァンジュ)広域市に住む59歳男性会社員の可検物からコレラ菌が確認されたと明らかにした。コレラは2001年以降国内では発生しておらず、2003年以降の患者57人は全て海外旅行先で感染した。

  保健当局によればこの男性は10日、軽い下痢と腹痛症状があり光州広域市のミレロ21病院に入院し、この病院が個室に隔離して18日保健所に申告した。22日に実験室の検査でコレラ菌の感染を確認した。この患者は抗生剤などの治療を受けて症状が消え20日に退院した。コレラ管理指針によれば症状が消えた後も48時間隔離することになっている。

  この男性は症状を見せる前に家族(妻、子供2人)と共に慶尚南道(キョンサンナムド)の海辺に出かけており出先で刺身を食べた。保健当局はこの刺身料理店で感染したものと推定している。コレラ菌はビブリオ・コレラ菌と呼ばれ魚などの海産物に含まれていて人にうつる。

  この男性の家族と職場の同僚にはまだ症状が出ていない。保健当局は家族も症状がない「無症状感染者」である可能性があり感染の有無を調査している。2001年の嶺南(ヨンナム)地域での大規模コレラ流行(162人感染)時の原因は刺身料理店だった。

  保健当局の関係者は「この男性が家族旅行期間中の行先地を言わず、クレジットカードの使用明細を問い合わせて刺身料理店などをうわさを頼りに探している」として「疫学調査に協力しなければ2000万ウォン(約180万円)以下の罰金刑を受ける可能性がある」と話した。

  コレラは西南アジア・アフリカなどの地で多く発生する代表的な水因性の感染病だ。汚染された魚介類を摂取したり汚染された地下水を飲んだりすることで感染する。まれに患者の大便や嘔吐物に接触して感染することもある。感染力が強く第1群法定感染病に分類されている。主に生や生煮えの海産物を通じて感染する。菌の潜伏期間(感染後、症状発現までかかる期間)は2~3日(最短6時間~最長5日)だ。突然痛みのない米のとぎ汁のような下痢をしたり嘔吐を伴う。腹痛や発熱はほとんどない。無症状感染者が多い。

  電解質を迅速に補充し、重症の場合は抗生剤治療を併行する。腸運動を減らす下痢止め薬はかえって危険だ。安全な水を飲み汚染された食べ物を摂取してはいけない。水と食物はゆでたり煮たりして食べなければならない。手洗いを生活習慣化させなければならない。ワクチンはあるが効果が不充分で推奨していない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事