チョン・ユラ容疑者の3億円の馬、サムスンが購入したか確認へ

チョン・ユラ容疑者の3億円の馬、サムスンが購入したか確認へ

2017年02月14日14時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(49)が32日ぶりに朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームに召喚された。午前9時25分ごろ車で特検チームの事務室があるソウル江南区(カンナムグ)大峙ビルに到着した李副会長は、記者らの前で「今日もすべての真実を特検で誠意をもって話す」と述べ、調査室へ向かった。「今日も」という言葉には、すでに事実を陳述していて今回も変わらないという意味を込めたと分析される。

  先月19日に李副会長に対する事前拘束令状請求が裁判所で棄却された後、特検チームは「大統領の恐喝の被害者」「崔順実(チェ・スンシル)被告側に渡した433億ウォン(約43億円)は対価性がないお金」というサムスン側の主張を崩すための捜査をした。

  焦点を合わせたのはチョン・ユラ容疑者が昨年10月に30億ウォンと知られる名馬「ウラジミル」と別の名馬「スタシャ」を入手することになった経緯と、2015年に公正取引委員会が「新規持ち合い禁止制度法執行ガイドライン」を導入した背景だった。

  チョン容疑者は昨年2月、サムスン側が提供したビタナVなど馬3頭を保有していたが、国内で「崔順実国政壟断疑惑」が浮上した後の10月に「ウラジミル」と「スタシャ」に変えた。その過程を把握するために特検チームは大韓乗馬協会副会長の黄晟洙(ファン・ソンス)サムスン電子専務、チェ・ミョンジン・モナミ乗馬団監督らを呼んで調べ、チョン容疑者とともに2014年仁川(インチョン)アジア競技大会で金メダルを獲得した乗馬選手に会って調べた。

  特検チームは同年9月27日に朴商鎮(パク・サンジン)サムスン電子社長(64)が独フランクフルトで会った崔順実被告からビタナVより良い最高レベルの馬を要求されたと把握している。特検チームの関係者は「複雑な過程を経たが、サムスンが馬3頭を処分して崔順実被告側が2頭を購入したのではなく、サムスン側が動いてデンマーク乗馬業者ヘルグストランと崔順実被告の間で馬を交換したという結論を出した。馬を処分したとすれば当然あるはずの馬を価格のやり取りが見られない」と話した。特検チームは崔順実被告の要求が「朴社長と黄専務→張忠基(チャン・チュンギ)未来戦略室次長(社長)」を経て李副会長に伝えられたとみている。これに対しサムスン側は「崔順実被告が朴社長に追加の支援を要請したが従わなかった。ウラジミル購買の過程に関与しなかった」と述べた。

  公取委関連の捜査について特検チームの関係者は「サムスン物産と第一毛織の合併で持ち合いを強化し、サムスンSDIが保有するサムスン物産株1000万株を売却しなければいけない中、2015年10月に鄭在燦(チョン・ジェチャン)公取委委員長が決裁したが、2カ月後に売却対象株式を500万株にする内容のガイドラインが作られた」と話した。

  続いて「安鍾範(アン・ジョンボム)政策調整首席秘書官→崔相穆(チェ・サンモク)経済金融秘書官(現企画財政部第1次官)→金学ヒョン(キム・ハクヒョン)公取委副委員長ラインが組織的に動いた結果という趣旨の陳述があり、公取委の関係者とサムスン側が頻繁に接触した状況を確認した」と付け加えた。

  これに関しサムスン側は「合併当時、公取委に自発的に有権解釈を依頼し、ガイドラインに忠実に従った」と疑惑を否認した。サムスン電子の関係者は「1000万株は当初から出てくることのない数字だ。500万株は統合サムスン物産株の2.64%であり、当時の李副会長と特殊関係人などオーナー一家が保有したサムスン物産株39.85%を勘案すると、売却対象を減らしたとしても経営権の確保に特に役立たないものだった」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事