トランプ氏「韓日が自ら核兵器製造すること容認できる」(1)

トランプ氏「韓日が自ら核兵器製造すること容認できる」(1)

2016年03月28日09時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国の大統領選挙で共和党のトップを走っているドナルド・トランプ氏が25日(現地時間)、韓国が在韓米軍の防衛費分担金を増やさなければ在韓米軍を撤退させると明らかにした。また米国が北東アジアの防衛の責任を負えない時が来るかもしれないだけに、韓国と日本の独自的な核武装を容認できるという主張まで出した。

  トランプ氏はこの日、ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで「韓国・日本が米軍駐留費用の分担を大幅に増やさなければ撤退するのか」という質問に「喜ばしくはないが、進んでそのようにする」と答えた。トランプ氏は「米国は数十億ドルの莫大なお金を失うことに耐えられない」として「かつては私たちがお金を出していたが、これ以上そうはできない」と理由を挙げた。彼は「韓国と日本が分担金を引き上げるかもしれないが、そのようにしなければ私は(米軍撤退をめぐって)イエス(yes)と言うだろう」と重ねて明らかにした。

  これに関してNYTが韓国・日本が分担金の引き上げ要求に対応して自らの核武装を主張するかもしれないと指摘するとトランプ氏は「いつかは私たちが(韓国・日本を守る役割を)これ以上できない時が来る」としながら「米国が今のように弱れば、韓国と日本はいずれにせよ核武装をしようとするだろう」と話した。

  トランプ氏は「核兵器を持つ北朝鮮に対応して日本も核兵器を持つことを私が望むかどうか。それがより良いこともある」と明らかにした。引き続き「(韓日の核武装は)ある一定の時期になれば議論すべき問題」と主張した。NYTは「彼(トランプ)が、日本と韓国が北朝鮮と中国に対応して米国の核の傘に依存するよりも、自ら核兵器を製造することを容認できる(he would be open to allowing Japan and South Korea to build their own nuclear arsenals rather than depend on the American nuclear umbrella for their protection against North Korea and China)と話した」と伝えた。

トランプ氏「韓日が自ら核兵器製造すること容認できる」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事