また「運命の日」を迎えた韓国GM…交渉最後の障害は?

また「運命の日」を迎えた韓国GM…交渉最後の障害は?

2018年04月23日09時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国GM富平(プピョン)工場の労働組合員のテント
  22日、韓国GM労働組合の事務室がある富平(プピョン)工場福祉会館の前。頭に赤い鉢巻きした労働組合員らが喫煙していた。彼らは「(20日)労使交渉が決裂してから眠っていない」と語った。深刻な表情で吹き出すたばこの煙には彼らの苦悩が込められていた。

  普段は賑やかな構内の食堂も終日、静かな雰囲気だった。食堂に集まった韓国GM職員は対話もなく、機械的に箸とスプーンを動かしながら食べ物を口に運んだ。同じ建物の2階の「労使大会議室」は寂寞としていた。もともとこの日ここで進行される予定だった労使交渉はわずか15分で決裂した。

  23日に韓国GMの運命が決まる。この日は韓国GMが取締役会を開いて企業再建手続き(法定管理)申請案件を議決する日だ。当初、韓国GM取締役会は20日を「デッドライン」と提示したが、労使交渉が遅延して23日午後8時に取締役会で再議論することにした。

  中央日報が20-22日に韓国GM富平工場で会った複数の労使関係者によると、労使交渉は少しずつではあるが接点を見いだしつつある。双方は強硬な立場からかなり譲歩している。「年間3000億ウォン(約300億円)水準の福利厚生費用のうち1000億ウォンを削減しなければいけない」という使用者側の要求に、労働組合も「いくらでも受け入れる用意がある」という態度に変わった。

  韓国GM労働組合は「4つだけ聞き入れられれば経営改善案を受け入れる」という立場だ。▼未来発展見通しの提示▼直営整備事業所ビジョンの提示▼群山(クンサン)工場雇用問題の解決▼富平第2工場への後続モデル配分--が労働組合の「マジノ線」だ。

  このうち未来発展見通しを明文化すべきという要求は労働組合の「交渉カード」とみられる。もともと「スパーク」「ダマス」「ラボ」の後続モデルと「エクイノックス」「トラバース」「コロラド」など新車を国内工場に配分すべきという要求だが、労働組合も「根拠がない」と認識する雰囲気だ。直営整備事業所も大きな障害ではない。労使は整備事業所を外注化しない代わりに別の収益モデルの開発を今後議論することにした。

  最も大きな難関は群山工場の雇用問題だ。韓国GMは5月に群山工場を閉鎖する。ここで勤務していた職員のうち680人はまだ希望退職を申請していない。使用者側はこれら職員にいつでも希望退職の機会を提供し、約100人を富平・昌原(チャンウォン)工場に配置する一方、残りの職員には4年間無給休職する案を提案した。しかし金属労働組合韓国GM支部群山支会は「話にならない」という立場だ。

  こうした状況で18日には突然「マリブ」後続モデル配分問題が出てきた。使用者側は富平第2工場に「マリブ」後続モデルを配分するという前提で第10回交渉に臨んだ。しかし後続モデルの配置は本社が決定していない事案だった。本社の立場を伝えると労働組合は憤慨し、状況はさらに悪化した。

  交渉がこじれる背景には労働組合間の意見の相違もある。群山工場の雇用は群山支会、「マリブ」後続モデルは富平支会、整備事業所は整備支会の要求案だ。使用者側は労働組合が一つを譲歩すれば一つを受け入れることを望むが、労働組合の指導部は支会の反応を気にしている状況という。

  労働組合の過激な行為も交渉を遅らせる要因だ。労働組合は暴言を繰り返し、最後には「もう暴言もしたくない」という態度を見せてきた。21日の第13回交渉で群山支会労働組合員がカゼム韓国GM社長に椅子を投げようとする状況も発生した。このため労使はこの日一日中、貴重な交渉時間を失った。

  労使交渉は案件を一つずつ処理する代わりに一括で暫定合意する方式だ。隔たりを一部調整したからといって23日の交渉妥結を予測するのは難しい。また、暴力事態など突発状況が発生すれば交渉がなくなる可能性もある。

  韓国GM労使が23日までに暫定合意案を出すことができない場合、韓国GMの取締役会はこの日夜に法定管理を議決する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事