韓経:<南北首脳会談>会談形式から発表まで北の要求すべて聞き入れた

韓経:<南北首脳会談>会談形式から発表まで北の要求すべて聞き入れた

2018年05月28日10時27分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が26日午後に板門店北側の統一閣で北朝鮮の金正恩国務委員長と首脳会談を行った。韓国側からは徐薫国家情報院長(左)、北朝鮮側からは金英哲労働党中央委員会副委員長兼統一戦線部長(右から2人目)が同席した。(写真=青瓦台)
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が26日に板門店(パンムンジョム)北側地域の統一閣で開かれた南北首脳会談の冒頭発言で、「金正恩(キム・ジョンウン)委員長は韓国でとても人気が高まり期待も高まった」と話した。金委員長に親近感を示すための表現だったが、北朝鮮の核問題が解決されていない上に哨戒艦爆沈などの挑発に関する北朝鮮の公式謝罪がない状況で文大統領の発言は不適切だったという批判も提起されている。

  文大統領はこの日の南北首脳会談で、「最近の若い人たちはこれまで南北関係が良くなかった時に生きてきたので北朝鮮に良くない印象を持っているが、前回の会談を通じて(北朝鮮に対するイメージが)とても大きく改善された。これをうまく生かさなければならない」と話した。「隠遁の指導者」だった金委員長が4月27日の南北首脳会談に出たことで韓国内での認識が改善されたという話だ。

  文大統領はしかしこの発言に対する根拠を提示することはなかった。会談のムード作りの発言だったが、延坪(ヨンピョン)海戦や哨戒艦爆沈などで犠牲になった韓国の軍人、脱北者、人権弾圧を受けている北朝鮮住民に対する総合的な考慮がなかったという指摘が出ている。文大統領は「このように簡単にサプライズで北側板門店で会ったということだけでも南北間に新たな時代が開かれるとみられる」と所感を明らかにした。

  金委員長は「板門店宣言で多くの人が期待をかけ国際社会も一緒に歓迎の拍手を送った。頻繁に会って話し、腰を据えて解決していくならばその時にした約束を履行できるだろう」と答えた。続けて「4・27の時の名場面のひとつが(文大統領が)10秒間(軍事境界線を)サプライズで越えてきたことだった」と付け加えた。金委員長は今回の会談が北側地域で簡素に行われたことに対し「良い場所で迎えなければならないのにそうできず申し訳ない気持ちだ。今後対話がうまく実を結んで初秋に平壌(ピョンヤン)で大統領夫妻を迎えたい」と話した。

  今回の南北首脳会談は提案から会談形式、発表日まで北朝鮮の意向通りに行われた。史上初めての南北首脳間の「再会」に向け文大統領がとても多く譲歩したのではないかとの指摘も出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事