文大統領「対日警告」→「反日感情ない」外交出口を開いておいた

文大統領「対日警告」→「反日感情ない」外交出口を開いておいた

2019年07月22日08時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が19日午後、青瓦台で開かれた「予備役軍要人招請午餐懇談会」に参加して冒頭発言をしている。[写真 青瓦台写真記者団]
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本に対する沈黙を破ったのは輸出規制措置発表後一週間が過ぎた7月8日だ。

  「前例のない非常状況、政治的目的憂慮」(8日大統領首席・補佐官会議)

  文大統領の初めてのメッセージだった。日本の輸出規制措置に対する正面対抗は自制し、外交で解決するという意志も見えた。その一方で「韓国企業に被害が実際に発生する場合、わが政府としても必要な対応を取らざるを得ないだろう」と「余地」を置いた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は当時は「日本の挑発にわれわれがすぐに反応しては振り回される可能性もある。まず、参議院選(21日)の推移を見守るべきではないか」というモードだったと伝えた。

  「事態が長期化する可能性を排除できません」(10日経済界要人招請懇談会)

  21日、参院選が終わってもこの問題が終わらないと認識を転換したものだ。「悲壮な覚悟」という表現もこの時、初めて登場した。日本政府の狙いを「政治的目的のために韓国経済に打撃を与える」と把握した。

  「全南(チョンナム)は李舜臣(イ・スンシン)将軍とともに12隻の船で国を守った」(12日全南ブルーエコノミー経済ビジョン宣言式)

  文大統領のメッセージはますます強硬になった。「李舜臣」「12隻の船」「護国精神」などは原稿にはなかった言葉だった。日本との「貿易戦争」で国民の団結を促すニュアンスに読まれた。この日、青瓦台国家安全保障会議(NSC)は輸出規制措置の根拠として韓国の北朝鮮への制裁違反を示唆した日本に対して「国連安保理パネルや適切な国際機構に韓日両国の4大輸出統制体制の違反事例の調査を依頼しよう」と提案した。

  「結局は日本経済により大きな被害が及ぶこだろうと警告」(15日大統領首席・補佐官会議)

  文大統領は青瓦台首席・補佐官会議で準備した約2480文字の冒頭発言をした。「警告」という表現が初めて登場した。彼は「今でも外交的解決の場に戻って来い」とも述べた。青瓦台関係者は「語調が強かろうが弱かろうが、大統領のメッセージは韓国の案が唯一の対案ではないから対話をしてみようということ、それにもかかわらず報復を続ければやむを得ず措置を取るしかないという2つ」と明らかにした。

  「反日感情は持っておらず、そうするつもりもない」(18日大統領-与野5党代表会合)

  ますます強硬になったのは対日メッセージが感情次元でなく相手方の対応を考慮した戦術的次元だったことを迂回的に強調する。対日特使派遣、韓日首脳会談など「トップダウン(Top-down)」方式の外交的解決法を主張する野党代表に文大統領は「環境が整えられれば特使は送ることができるが、むやみに送るからといって良いわけではない。交渉の末に解決方法として議論が行われるべきだ」とも話した。参議院選挙以降日本政府の態度などを見ながら対応するという意味だ。

  ただし、このようなメッセージを日本が「出口」として受け止めるかどうかは未知数だ。ある外交安保専門家は「今年1~6月、韓日間二国間交渉をしようという日本の要求に応じず、日本が違う立場(第3国仲裁)に移った」とし「青瓦台が外交的解決というメッセージを投げたと主張し、あるいは(自ら)そのように信じるかもしれないが、日本がそのように受け止めそうでない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事