李明博大統領「北核グランドバーゲン推進」

李明博大統領「北核グランドバーゲン推進」

2009年09月22日10時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ニューヨークを訪問中の李明博(イ・ミョンバク)大統領は21日(以下現地時間)、「北核問題を根本的に解く統合された接近法が出なければならない」とし「6カ国協議を通じて北核プログラムの核心部分を廃棄し、同時に北朝鮮に確かな安全保障を提供して、国際支援を本格化する一括妥結、すなわちグランドバーゲン(Grand Bargain)を推進しなければならない」と述べた。

  李大統領はこの日、米国外交協会(CFR)ニューヨーク本部で行った演説で「今まで対話と緊張状態、また進展・後退・遅延を繰り返してきた過去のパターンから脱却しなければならない」と明らかにした。李大統領は「北核の完全な廃棄という本質的問題を除いたまま核凍結に妥協し、見返りを与え、北朝鮮がまたこれを破って原点に回帰するという過去20年の前轍を踏んではいけない」と強調した。

  李大統領は続いて「北核廃棄の終着点に対してはっきりと合意し、このような目標を果たす行動案を用意するために5か国間の具体的論議が必要だ」と主張した。

  青瓦台核心関係者は「段階別処方と補償を繰り返す既存の接近法は成果がなく、時間だけ消耗する結果を生んだ」とし「北朝鮮が核廃棄を後戻りできないように交渉し、核廃棄履行とともに北朝鮮に安全保障・経済支援を同時に提供する「ワンショットディール」(one shot deal)を推進しようということだ」と説明した。李大統領が明らかにした「北核プログラムの核心部分廃棄」について政府高位関係者は「核兵器と核物質の廃棄が核心」とし「使用済み核燃料棒を国際原子力機関(IAEA)などの監視下で、外国に放出する水準の措置がなければならない」と述べた。

【社説】李大統領の北核「一括妥結」構想を歓迎する


【ホットクリック】

・  「南北統一でGDPはフランス・ドイツ・日本を抜く」
・ 2012年からすべての外国人に指紋登録
・ 木村拓哉が釜山映画祭に出席…イ・ビョンホンとの友情守った
・  ペ・ヨンジュン「農夫になりたい」
・ 李明博大統領「北核グランドバーゲン推進」
・ 「北朝鮮に核技術与えて 300万ドル受け取った」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事