米朝会談に向けて盛り上がる朝鮮総連「平壌で開催を」

米朝会談に向けて盛り上がる朝鮮総連「平壌で開催を」

2018年05月28日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
26日に東京で開かれた朝鮮総連の全体大会では、北朝鮮の国旗と金日成(キム・イルソン)主席および金正日(キム・ジョンイル)総書記の肖像画が設置されていた。
  26日から27日まで東京都北区十条台では在日本朝鮮総連(朝鮮総連)第24回全体大会が開催された。4年ごとに開かれる朝鮮総連の最大の行事であり、全国の代議員およそ2000人が集まる。史上初の米朝首脳会談の開催が予想される中、朝鮮総連はいつよりも盛り上がっていた。2日前にトランプ米大統領が「米朝首脳会談中止」を発表した後、再び会談開催の可能性に言及するなど米朝関係が大きく動いているが、行事場所には「朝鮮民族をめぐる時代が完全に転換的を迎えている」(朝鮮総連幹部)と期待感があった。

  26日午後1時。大会場所から500メートルほど離れた電車駅から警察が立っていた。駅前の広場を間に挟んで「拉致国家北朝鮮打倒」を叫ぶ市民と「ヘイトスピーチ、差別行動反対」というカードを持った市民が向かい合っていた。「大日本愛国党」「憲法改正」と書かれた黒い車は「朝鮮総連は解体しろ。赤い悪魔のテロ国家、金正恩打倒」と放送していた。大会場所に近づくほど警察の数は増え、緊張感も高まった。大会場所の東京朝鮮文化会館では北朝鮮の国旗10枚ほどがはためいていた。建物の正面の看板には「天下絶世の偉人の敬愛する金正恩元帥様を21世紀の太陽として崇めて迎える」と書かれていた。

  大会場所の中に入ると、舞台の正面に故金日成(キム・イルソン)主席と故金正日(キム・ジョンイル)委員長の大型肖像画が最初に目に入った。北朝鮮の国旗を背景に2人は明るい笑顔を見せていた。平壌(ピョンヤン)の行事場所を移したようだった。左側には「偉大な首領、金日成大元帥万歳」と書かれた赤いカードが、後ろには「偉大な金日成主席様と金正日将軍様は永遠に我々と共にいらっしゃる」と書かれた看板があった。

  出席者は20代とみられる青年から白髪の高齢者まで幅広かった。左胸には金日成-金正日親子の顔が入ったバッジを付けていた。男性はスーツ、女性は「チマチョゴリ」という北朝鮮式改良韓服を着ていた。

  許宗万(ホ・ジョンマン)中央常任委員会議長が「大会報告」の途中、「最高指導者金正恩同志様に慎んで最上・最大の栄光と最大の感謝を捧げる」と述べると、出席者全員が立ち上がって拍手した。「金正恩(キム・ジョンウン)委員長」に関する部分が言及されると、約束でもしたかのように機械的に起立する雰囲気だった。許議長は今後4年間の重点課題に「金正恩時代の要求に合わせて主体的な海外同胞組織として磐石を強化しよう」とし「板門店(パンムンジョム)宣言の履行と朝日平壌(ピョンヤン)宣言に基づいた(朝日)国交正常化実現に特色のある貢献をしよう」と明らかにした。

  この日の行事は許議長の活動報告の前部わずか10分だけがメディアに公開された。金正恩委員長は祝電を送り、「総連は激変する情勢に合わせて党と共和国政府の対外政策的な立場を広く宣伝するための対外事業を能動的に進めるべき」と注文した。朝鮮総連の関係者は「日本自民党、公明党など国会議員も参加して祝辞を述べた」とも紹介した。

  北朝鮮の核・ミサイル挑発の局面で日本国内の朝鮮総連の地位は過去に比べて落ちた状態だ。こうした中、南北首脳会談に続いて米朝首脳会談開催の可能性が高まり、朝鮮総連社会も盛り上がる雰囲気だった。

  匿名を求めた朝鮮総連関係者は「分断史上初めて朝米会談が開かれるしかない歴史的な転換点」と述べ、期待を表した。この関係者は「朝米会談をするしかない局面まで来たということ自体が過去とは次元が異なる。それだけわが民族の力が強まったということ」と話した。続いて「シンガポール米朝首脳会談は予定通りに開催されるのか」という質問に対し、「朝米会談はもう平壌(ピョンヤン)ですべきではないだろうか」と記者に問い返した。トランプー金正恩間の駆け引きに対する自信の表れだった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 26日に東京で開かれた朝鮮総連の全体大会では、北朝鮮の国旗と金日成(キム・イルソン)主席および金正日(キム・ジョンイル)総書記の肖像画が設置されていた。
  • 大会場所の付近で右翼団体が反対デモをしている。