文大統領の「嘆かわしい」表現に笑ったトランプ大統領

文大統領の「嘆かわしい」表現に笑ったトランプ大統領

2017年09月23日11時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米ニューヨークで21日(現地時間)に行われた文在寅(ン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領の韓米首脳会談では「嘆かわしい(deplorable)」という言葉が話題になった。文大統領があいさつの言葉で「北の挑発は非常に嘆かわしく、我々を怒らせた」と述べると、通訳が「嘆かわしい」という言葉を「deplorable」と表現した。

  真摯な表情で文大統領の発言を聞いていたトランプ大統領が「文大統領が『deplorable』という言葉を使ったことをうれしく思う。私がその言葉を使ってほしいとお願いしたわけではない。これは私と数百万人にとって幸運の言葉だった」と言って笑った。

  ワシントン政界はこれを、昨年の米大統領選挙当時にヒラリー・クリントン民主党候補がトランプ候補の支持者を「嘆かわしい集団」(basket of deplorable)と表現して逆風を受けたことに関連づけた。

  しかしある外交消息筋は「対北融和主義者のように表現してきた文大統領が北の挑発を強く批判したのが意外だという意味でトランプ大統領が冗談を飛ばしたとも見える状況」と話した。トランプ大統領は北朝鮮の6回目の核実験直後の4日、ツイッターで「私が韓国に話してきたように、彼らは北朝鮮に対する融和的発言(talk of appeasement)には効果がないという点に気づき始めている」とコメントしていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事