俳優コン・ユ、映画『釜山行き』の続編について言及…その内容は?

俳優コン・ユ、映画『釜山行き』の続編について言及…その内容は?

2016年09月16日15時35分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『釜山行き』
  俳優コン・ユが『釜山行き』続編に言及した。

  コン・ユは14日(現地時間)、米インディワイアーのインタビューで「『釜山行き』でマ・ドンソクはゾンビとして生き残った。ヨン・サンホ監督に『釜山行き』の続編を作ることになる場合、マ・ドンソクを中心に作ればよいと提案したことがある」と伝えた。

  続いて自分のキャラクターについても「『どこかでゾンビとして生きているようだ』と話したところ、ヨン・サンホ監督が『お前が演じたソクウは首が折れて死んだ』と答えた」と話し、笑いを誘った。また「『釜山行き』は一つのゾンビフランチャイズになることができそうだ」とな自負心を表したりもした。

  『釜山行き』は疑問のウイルスが広がったソウル駅を出発し、釜山に向かうKTXの中で繰り広げられる死闘を描いた作品。7月20日に公開され、現在まで観客数は1155万人。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事