<韓国大統領選>各党の公認候補が確定…世論調査の結果は?

<韓国大統領選>各党の公認候補が確定…世論調査の結果は?

2017年04月06日09時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  各党の大統領選に向けた予備選が終わり、選挙構図に地殻変動が起きている。文在寅(ムン・ジェイン)「共に民主党」候補の独走体制が終わり、文候補と安哲秀(アン・チョルス)「国民の党」候補の2者構図に大統領選レースの構図が変わっている。

  中央日報の調査研究チームが4~5日、全国の有権者1500人を対象に実施した世論調査(応答率29.4%、信頼水準95%で標本誤差±2.5%ポイント、中央選挙世論調査審議委員会ホームページを参照)で多者対決の場合、文候補は38.4%、安候補は34.9%となった。両候補の支持率の差(3.5%ポイント)は誤差範囲内だ。

  洪準杓(ホン・ジュンピョ)「自由韓国党」の候補が9.6%で、3位となった。劉承ミン(ユ・スンミン)「正しい政党」の候補が2.7%、沈相ジョン(シム・サンジョン)「定義の党」候補が2.1%で次いだ。5日、大統領選出馬を宣言した金鍾仁(キム・ジョンイン)前民主党非常対策委代表は1.7%となった。

  先月18~19日、中央日報の調査では多者対決の場合、文在寅候補34.7%、安熙正(アン・ヒジョン)候補(民主党予備選脱落)21.0%、安哲秀候補13.0%、李在明(イ・ジェミョン)候補(民主党予備選脱落)8.1%、洪準杓候補が7.7%の順だった。だが、約半月で安哲秀候補の支持率が急騰傾向(21.9%ポイント上昇)を見せ始めた。

  安熙正候補の支持層の相当数が安哲秀候補側に移動した結果だと分析できる。文候補も支持率が多少上がったが、上昇幅は3.7%ポイントにとどまった。民主党公認候補選出の「コンベンション効果(政治イベント直後に現れる支持率上昇現象)」をむしろ安哲秀候補が得ているわけだ。

  湖南(ホナム)地域の支持率だけで見れば、文候補46.0%、安候補40.6%だった。大邱(テグ)・慶北(キョンブク)地域では安候補39.3%、文候補23.2%だった。保守が強い大邱・慶北地域で洪準杓候補の支持率は15.2%にとどまり、保守層が「戦略的代案」として安候補を選択する傾向を見せている。文・安候補の出身地である釜山(プサン)・慶南(キョンナム)地域は、文候補(35.7%)と安候補(31.3%)の激戦地となっている。

  大統領選候補1~3位の3者対決では文候補41.9%、安候補40.8%、洪候補12.2%と、文候補と安候補の格差がより小さくなっている。

  非民主党候補間の単一化が行われた時を想定した2者対決では、安候補が50.7%で、文候補(42.7%)に誤差範囲を超えた優勢を見せた。先月18~19日の調査では、2者対決の場合、文候補50.1%、安候補38.6%だったが、構図が逆転したわけだ。

  リサーチ・分析会社オピニオンライブのユン・ヒウン世論分析センター長は「これまで、文在寅候補は崔順実(チェ・スンシル)ゲートに伴う『積弊清算論』を前に出して最大野党のプレミアムを享受してきたが、そのような戦略ではこれ以上安哲秀候補をおさえることができないため、選挙戦略を見直さなければならない状況に直面した」と話した。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事