<W杯>世界が批判も…日本協会会長「成熟した、サッカーはこういうもの」

<W杯>世界が批判も…日本協会会長「成熟した、サッカーはこういうもの」

2018年06月29日11時19分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本がポーランドとのロシアワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦でボールを回しながら時間を稼いだことについて、日本サッカー協会の会長が前向きな評価をした。

  日本代表は28日、2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグH組第3戦のポーランド戦で後半14分に失点し、敗退の危機を迎えた。しかし同じ時間に行われたコロンビア-セネガル戦で後半29分にコロンビアが得点したことで、両試合がそのまま終われば日本は敗れても決勝トーナメント進出が可能な状況になった。これを伝え聞いた日本の選手はボール回しをしながら時間稼ぎをした。

  競技場のあちこちからブーイングが出たほか、世界のサッカーファン、メディアも日本の戦い方を酷評している。しかし日本サッカー協会の会長はそのような日本のサッカーを称賛した。

  デイリースポーツによると、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「今回は予選突破が最大目的だったし、ああいうサッカーができるようになったのはすごいことだと思う」とし「こういう戦い方ができた日本は成熟してきた。サッカーとはこういうもの。何度もこういう試合を見てきた」と語った。

  日本代表の主将・長谷部誠も「サッカーを見ている方々にはもどかしいサッカーだったと思うが、これが勝負の世界」とし「次のベスト16も日本中と力を合わせて戦いたい」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事