<平昌五輪>日本・スイス「IOC、南北合同チームに特恵・不公正」

<平昌五輪>日本・スイス「IOC、南北合同チームに特恵・不公正」

2018年01月22日08時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  苦労の末に構成された南北女子アイスホッケー合同チームは今後、どのように平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)を準備するのか。

  都鍾煥(ド・ジョンファン)文化体育観光部長官は21日、「南北実務協議会で2月1日に韓国入りすることになっていたが、息を合わせる時間が不足するため時間を操り上げてほしいと要請した」とし「北側もそうすると返答した。早期に韓国入りして合流し、一緒に練習するという議論をした」と明らかにした。

  合同チームは来月4日にスウェーデンと仁川(インチョン)仙鶴(ソンハク)リンクで強化試合を行った後、翌日の5日に五輪選手村に入る。平昌五輪の最初の試合は2月10日に行われるスイスとのグループリーグ第1戦。五輪の初戦まで19日しか残っていない。北朝鮮選手12人の実力を把握するには絶対的に足りない時間だ。スウェーデンとの強化試合は北朝鮮選手の実力を試す唯一の機会となる。

  合同チームが練習する場所もまだ決まっていない。安全の問題などを考えると現在の韓国代表チームが合宿中の鎮川(ジンチョン)選手村が最も有力だ。韓国と共に平昌五輪グループリーグB組に属するスイス・スウェーデン・日本の反発も無視できない。これらの国は合同チームの合意がある前からエントリー拡大について「公正でない」と否定的な立場を表した。

  特に南北合同チームに対する日本メディアの批判が激しい。産経新聞はこの日、「明らかにスポーツの公平性を欠いている。スポーツの価値を守るべきIOC自らがルールを曲げてはスポーツの根本を揺るがしかねず、五輪の存在意義すら疑われかねない」と強く非難した。

  時事通信も「バッハIOC委員長は記者会見で声明を読み上げただけで質問を受け付けず、問いかけも無視した」とし「アイスホッケー女子の合同チームは特例で選手登録枠を増やしたが、他チームとの公平性の確保や選手起用の自由が失われる懸念についての説明は一切なかった」と指摘した。

  日本アイスホッケー連盟も「IOCの決定に従うしかない」としながらも「いろいろと思うことがあるが、どうこう言えない」という立場を表した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事