【時視各角】“ブランド品”大韓民国(1)

【時視各角】“ブランド品”大韓民国(1)

2012年01月27日11時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  シャネル2.55バッグがまた値上がりする見込みだ。最高級品は600万ウォン(約40万円)台だったが、来月は700万ウォン台になる。これが伝えられると、バッグの購入を考えていた人が殺到し、一部の店舗では品切れになった。このバッグは昨年春にも値上げを控えて買いだめが発生した。バッグを買いにパリに行く人もいる。現地では韓国で買うよりも200万-300万ウォン安いため、飛行機チケット費用が浮くとして‘シャテク旅行’とも呼ばれている。

  ひし形のキルティングにチェーンがついたこのバッグは誰が見ても実用的ではない。コンパクトとリップスティック、財布ほどを携帯する‘貴婦人’には合うのだろうが、スマートフォンだの、タブレットだの、あれこれ入れて持ち歩く最近の多くの人々には不便だ。それでも、いわゆるうまく嫁いだ女性をいう‘清潭洞(チョンダムドン)夫人’の必須アイテムに浮上して以来、このバッグへの情熱は日々、激しさを増している。数年前までは裕福な家庭の嫁入り道具と考えられたが、最近では標準的な嫁入り道具に浮上し、需要が爆発的に増えている。このため企業が毎年値上げしても、現地より数百万ウォン高くても、飛ぶように売れる。

  ブランド品業界の立場では、韓国は非常にやりやすい市場だ。売れる量も世界2、3位レベルで、高いほどよく売れるため、好きなだけ高価政策をとれる。このように韓国人が‘カモ’になっている市場はブランド品のほかにもある。ゴルフとワインもそうだ。最近、米国のUSAトゥデイは米国のゴルフ産業基盤が揺れていると報じた。ゴルフ場の会員券と住宅は爆弾セールをしても売れず、破産するゴルフ場も増えた。景気低迷よりも根本的に趣味生活が変わったためだという。さらに経営事情がまだいいゴルフ場は韓国人が多く住む地域と伝えられている。この地域のゴルフ場経営者は「韓国人がいなければゴルフ場の経営は難しい」と述べたと、同紙は伝えた。

  実際、6年前にニューヨークにいる友人から「最近ゴルフをする人は肉屋と韓国人だけ」という話を聞いたことがある。当時、ニューヨークのいわゆるオピニオンリーダーといわれる人たちの週末の趣味は、ゴルフからヨットやクルーズに移っていた。ところが、一度始めれば最後まで没頭する気質のためか、韓国人は斜陽化する米国ゴルフ産業まで支えるほど相変わらずゴルフに時間とお金を注ぎ込んでいる。

【時視各角】“ブランド品”大韓民国(2)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事