韓国の児童性犯罪、69%増加…日本・英国・ドイツは大幅減少

韓国の児童性犯罪、69%増加…日本・英国・ドイツは大幅減少

2010年08月02日16時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   国内の児童を対象にした性犯罪がこの4年間に69%も増えたことが分かった。

  女性家族部が韓国刑事政策研究院に依頼して実施した「国内外児童性犯罪の特性分析と児童保護体系の研究」の報告書によると、国内の児童(満12歳以下)10万人当たりの性犯罪発生件数は05年の10件から08年には16.9件に増えた。

  同じ期間、米国の児童性犯罪は2.9%の増加にとどまった。 日本はむしろ29.2%も減少し、ドイツと英国もそれぞれ9.6%、14.8%ずつ減った。 また08年基準で児童10万人当たりの性犯罪発生費はドイツが115.2人で最も多く、英国101.5人、米国59.4人、韓国16.9人、日本6.8人の順となった。 韓国は5カ国のうち4番目だが、犯罪増加率は最も高い。

  韓国刑事政策研究院のカン・ウンヨン博士は「国内の児童性犯罪の急増は、性的イメージを前面に出した大衆メディア広告や児童ポルノの拡散によって児童を性的対象と認識する傾向が強まった影響もある」と分析した。

  特に加害者が犯行当時に酒を飲んでいたケースは、他国が10%未満であるのに対し、韓国は37.1%にもなった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事