医師47.9%が「海外移民を希望」

医師47.9%が「海外移民を希望」

2007年03月22日12時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  医師たちの半分近くが海外移民を考えたことがあることがわかった。

  医者協同組合新聞が創刊40周年を迎え、医師1千37人を対象にアンケート調査をした結果、47.9%が移民を考えていた。その理由として「先進医学を体験・学習したい」(23.5%)、「子供の教育のため」(13.6%)などが多かった。

  自分たちの政治的性向については、49%が中道保守、22.1%が保守だと明らかになるなど70%以上が保守だった。中道進歩(18.3%)と進歩(5.1%)という回答は相対的に少数だった。支持政党としてはハンナラ党が圧倒的に多く73.4%だが、ウリ党は2.6%、統合新党2.1%、民労党は1.4%だった。

  大統領選挙候補たちのうち誰を支持するかという質問には、李明博(イ・ミョンバク)前ソウル市長が55.9%で圧倒的だった。次が朴槿恵(パク・クンヘ)前ハンナラ党代表(15.2%)、孫鶴圭(ソン・ハッキュ)前京畿(キョンギ)知事(4.7%)、第三の候補(1.14%)、金槿泰(キム・グンテ)前ウリ党議長(0.5%)の順序だった。

  医師らのひと月の平均収入は701万-900万ウォンが最も多くて21.1%、101万-300万ウォン(19.1%)、901万-1千万ウォン(14.9%)、2千万ウォン以上(13.6%)、501万-700万ウォン(13.5%)の順だった。

  その財テク手段としては貯金が50.4%で過半数、ファンド(16.5%)、事業(14.2%)、株式(6.3%)なども少なくなかった。

  また医師の1週間当たりの勤務時間は41-50時間と51-60時間が31.8%、続いて61-70時間(11.2%)が大部分を占めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事